「浪漫工房」の活動 (18)

さて、2018年冬のワンフェスまであと数日を切りました。昨年のペース
ですとこれに合わせて次製品の開発も大詰め、という所ですが、昨年末から
今年初頭は色々ありまして、次製品の原型は作成中ですがこれの完成までも
まだまだ、といった状況です。といっても、ウチがもっと大手というか
手練れだったりしたら原型作成中の状況もブログやツイッターでも披露
できますが、ウチは何せ零細個人営業ですのでアイテムがもし他メーカーと
バッティングしたらさっさと撤退する必要がありますので、リリース直前
まで公表できません。

 

まあ、発表しなくてもアイテムがバッティングする可能性はありますが、
発表前ならこっそり他のアイテムに変更できます…。正直言いまして、既に
一回、数ヶ月前くらいですが、海外メーカーが次年度発売予定のものを私も
次作に考えていて原型を少しだけ製作していて、発売予定を知ってすぐに
製作を中止した事もありました。

 

何せこの3Dプリンタ興隆時代に手作りに拘った原型を作っているのです。
開発スピード的に全然敵いません。まあ、3Dプリンタ製品はまだまだ積層跡
が残ったり単価が高価になったりの欠点がありますが将来的に改善されて
ゆくでしょうから、選択肢の一つとして考慮はしていますが…。
(もちろん3Dデータの作成も慣れないと結構大変でしょうが…。)

 

…まあ、てな訳で製作中の原型は披露できませんが、ブログの更新が全然
できないのもナンなので、今度の原型製作用に新たに使い始めた材料に
ついて書かせて頂きます。

 

sementEpokishi01

それはセメンダイン株式会社の『セメンダイン水中エポキシ』です。
今までエポキシパテはコニシボンドの『水中ボンド』をメインで使って
きましたが、これが古くなって硬化剤が固まってきて非常に使い辛くなって
きたため、これの新しいのを買おうと思っていたのですがある模型店で
これがなく、代わりに見た目的にもソックリな『セメンダイン水中エポ
キシ』があったので、多分同等品であろうと購入してみたのです。

 

…で、それの使用レポとなりますが、見た目は容器の形はほぼ同じながら
主剤が灰色の為、混合硬化後の色も灰色との事。個人的にはコニシの、
硬化後のアイボリー色が割と好きなのですが、灰色と言うのもプラモの
下地のスタンダードな色でまた良かろう、と思っていたのです。

 

…で、少し使用してみたのですが、これが蓋を開けたばかりのものだから
なのか、それともコニシのと若干違うのか、主剤と硬化剤を混ぜた時の
使用感が何だかこっちの方が粘り気が強い感じ。ツマヨウジで製作物に
なすりつける時、よりツマヨウジにくっついてプラ材の製作物の方に付き
難い感じがしました。

 

sementEpokishi02

また、この主剤と硬化剤を混ぜると、今の所ツマヨウジの尾頭の3倍程度の
量しか混ぜていないせいか、混ぜた後の色が灰色でなく、本当に硬化剤の
カラシ色と灰色を混ぜた感じにしかならない。黄灰色とでも言うのか?
何となく気持ちの悪い感じの色です…。

 

でも、この色の方が他のパテやサーフェサーとの違いが出てて良いと言えば
良いです…。まあこれはこう思おうと思います(←変な日本語^^;)。

 

他にコニシと違う、と感じた所は、半日経っても表面のベタ付きが取れず
削りに耐えるくらい硬化した感じになるにはやはり24時間はかかる所。
ただ、これもコニシのでも新品で蓋を開けたばかりのものは同じ感じかも
しれません。

 

あと、使用する量があまりに少量だと主剤と硬化剤が良く混じらないせい
か、24時間過ぎても固まりきらないものが幾つか出た。少なくとも3ミリ
立方くらいの体積ずつは混ぜる必要がありそうです…。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

 

0




    1/144 LCP(L)141 (5)

    lcpl32

    またまた前回と同じような画像で恐縮ですが、前回のものでもLCP(L)の
    艇首の、波を切っている所の波飛沫がどうにも表現不足な感じがしていた
    ので、更に作って加えてみたのです。

     

    lcpl34

     

    lcpl33

    またそれだけでなく、艇全体がいかにも「平面の上に載せた」感がまだ
    残っていたので一番上の塩ビ板の真ん中を艇の底面の形で刳り貫いて
    そこにLCP(L)をはめたのです。

     

    なお、波飛沫はボンドGクリアーを他のポリ製のヘラの上に出して爪楊枝で
    くちゃくちゃ混ぜて、適当に白っぽい塊になったものを使いました。

     

    所で、少し以前からこのLCP(L)に関する組立説明書に書ききれなかった
    追加考証やキットの工作ポイント等を「浪漫工房」のページで記述して
    います↓。
    http://rouman.sitemix.jp/koubou/2017afterItem03.htm

     

    それとここのブログの記述は若干重複しますが、こちらはこちらで書かせて
    頂きます。

     

    今回このLCP(L)をキット化した理由の一つに約15年以上も前のある模型誌の
    あるプロモデラーの方の作例記事にインスパイアされた事もあります。

     

    著作権の関係で全部は載せれませんが、その雑誌の表紙と折り込みグラ
    ビアのはみ出した部分の写真を表紙と一緒に1枚だけ載せておきます。

    lcpl31

     

    これは1999年8月に発売されたミリタリーモデリングマニュアル誌12号に
    掲載された嘉瀬翔氏の「バグパイプ」というタイトルの1/35ディオラマ
    です。

     

    このディオラマはノルマンジー上陸作戦時の英軍の揚陸艇、LCTとLCAが
    並んで航行している状態をジオラマ化していますが、両方とも完全自作で、
    本当に素晴らしい出来なのです。そしてその塗装はホワイトグレーにライト
    ブルーグレーの波状迷彩なのです。

     

    英軍はノルマンジー上陸作戦時はすべての揚陸艇はこのパターンで塗装を
    していたようです。記事中にもありますがこの迷彩はとても魅力的です。

     

    この作例のうちLCTは戦車揚陸艇ですが、LCAは人員上陸艇で、サイズも
    LCP(L)に近いものです。ではどこが違うかと言うと、LCAは前面に下に
    大きく開くタイプのランプが付いている事です。名称もLanding Craft
    Assaultつまり攻撃上陸艇となっています。恐らく上陸時にはこれら
    ランプの付いた艇が比較的先頭に立ち、人員が横からでないと降りられない
    LCP(L)はLCA等に比べて陣形の比較的後方にいたのではないかと思います。

     

    模型的に言うと、LCAは天蓋もないのでLCVPと同じく人員が乗っていないと
    サマになりませんが、LCP(L)は恐らくキャンバスの天蓋が一応あるので
    人員を乗せていなくても見られると思います。そういう意味では若干、楽
    です。

     

    また、嘉瀬翔氏のディオラマは、この記事によるとLCTやLCAの波頭に、
    東芝の透明シリコンを硬化させて砕いた物を使っている、と書かれて
    います。画像でも少々写っているように非常に実感のある仕上がりになって
    いますが、これは1/35ならでは、という所もあるようです。
    自分が作ろうとしているものは1/144なので、これよりもっと細かい感じに
    する必要があると思います。

     

    まあ、それで現在の所、ボンドGクリヤーを使って波頭を作る、といった
    結論に達しているのです。

     

    (続く)

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    0




      1/144 LCP(L)141 (4)

      昨年末完成させたLCP(L)141号ですが、ディスプレイの一環として作成、と
      言いますかほぼ塗装だけですが…した海面がやはり平面的でもの足りないと
      思っていたので簡易的な素材を使って取りあえずもう少し立体的に見える
      海面を作ってみました。

       

      lcpl26

       

      lcpl27

       

      作成手順は、
      1)青い半透明の塩ビ板を二枚重ねて接着
      2)ラッカー系塗料のクリヤーを重ねて塗って小波を表現
      3)さらにコニシボンドのGクリヤーを所どころ塗って、もう少し波の盛り
      上げに変化を付ける。
      4)瓶入りプラ用液体接着剤とクリヤー塗料で表面を適当に慣らす。
      5)ラッカー系塗料の青と黒を混ぜたり塗り分けたりで海の感じを出す。
      もちろん白も混ぜて波頭や後ろの方に流れる波も表現する。
      6)更にラッカー系のクリヤー塗料で慣らす。

      lcpl30

       

      …といった所です。まあ、以前よりは立体的な感じになったと思います。
      今年の模型始めは乗り物そのものでなく自然物、背景になってしまいまし
      た…。

      lcpl28

       

      波を表現する安め材料は、よく水溶性アクリル絵の具のゲルメディウム等、
      アクリル絵の具のものが良いようにネットでみても言われているようで、
      以前使った事もありますが、確かにすぐに立体的に透明度の高いクリヤーな
      波は出来ますが、表面がベタベタしていてすぐに埃がついてしまい、しかも
      筆で払ったくらいでは取れない感じになります。

       

      私は作成してもすぐに透明ケース等で密閉せず、上に載せるものを変えたり
      更に塗装表現を変えたりしてみたいタイプの人間なので、このような特性が
      あるものは合いません。


      今回の記事はLCP(L)141本体より下の海のディオラマに関する事が殆どに
      なってしまいました。まあLCP(L)141本体はこれ以上作り込むつもりは
      ないのですが、同型の艇についてなど、また次に書いてみたいと思います。

       

      また海や波の表現に関しても、本当に無限と言って良いほど表現法がある
      のでまたカテゴリーを改めて書いてみたいと思います。

       

      (続く)

       

      JUGEMテーマ:模型製作

      0






        | 1/80PAGES | >>