calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

「浪漫工房」の活動 (28)

さて、前回予告させて頂きましたように12月に発売する予定のアイテムと
参加予定のイベントについて書かせて頂きます。

 

参加を予定させて頂いておりますのは約半年前にも参加させて頂きました
12月16日に予定されております『いっちょんちょん即売会』です。この回で
10回目になるそうです。

 

で、そこで新発売させて頂く予定のアイテムが1/350の『イタリア海軍魚雷
艇 MAS500級セリエ3/4』です。これには1/700の同級もオマケとして
付けさせて頂く予定です。このMAS艇は大きさが今までの1/350のボスパー艇
より一回り小さいので、1/700の同艇のオマケとして付ける事にしたの
です

 

こういう場合、同時に開示する写真は製品の完成見本、せめて組み立てて
サフェーサーを塗った状態のものにしたい所ですが、現在製品の量産を
最優先にしている所なので原型と製品をシリコン型から取り出した状態の
ものでご容赦願いたいと思います。何せ量産製品の原材料のレジンの缶は
1度開けたら早めに使わないとどんどん劣化して発泡し易くなる代物なので
どうしても量産を最優先せざるを得ません。

 

masc50001

まず1枚目の写真は原型ですが、型取りをする直前の最終状態ではなく少し
前の状態なので型取り時にはもう少し細部の形が変わっています。これが
10月3週目くらいの状態です。
10月1週目くらいの段階で最初の原型は出来ており、半ばにシリコン型を
取りましたがそれは1/350の方の操舵室も艇体と同一部品と言う構成に
していました。しかしそのシリコン型は「タイヤキ方式」用だったために
作り直した為、原型も操舵室等の構造物を別部品にする形に作り直したの
で、これがその際の写真になる訳です。

 

masc50003

2枚目の写真は最近注型してシリコン型から抜いた量産品です。もちろん
抜いたばかりの時はもっと樹脂の流れ調整用のランナーやバリがありまし
たが、ほとんど切り取ってしまっています。まだバリは少し残っています
ので、完全とはいかないまでもこれを除去して袋入れ、箱詰めして商品に
する予定です。この注型品は気泡痕も少なくとも表面にはほとんど出て
おらず、最近抜いたものの中でも状態の良いものの方です。

 

こうやって注型品が出来たらもう販売用製品ができたような気にもなります
が、箱画も組立説明書もまだ作成していないのでこれらの作成にも注力しな
くてはなりません。

 

masc50004

3枚目の写真は今回の製品製作用に主に参考にしたイタリアの資料本です。
大昔に西山洋書で購入したもので、MAS500級の図面と写真が載ってました。
ただし、この本に載っているのはMAS500級でもセリエ1とか2に属するもの
で、今回製品化したMAS500級セリエ3/4より全体に小さく、上部構造物の
形状も色々差異がありますので本当に参考程度で、メインで資料にしたのは
インターネットのblueprint.comに載っていた図面と、イタレリから1/35で
このMAS500級セリエ3/4が発売されておりますのでそのカラー図やキット
写真等、という事になりました。

 

次回は、再度原型の製作記からなぞらせて頂きたいと思います。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

0




    「浪漫工房」の活動 (27)

    さて、そろそろ前回書かせて頂きましたように12月に発売する予定の
    アイテムの正式発表と同じく12月に行われる予定のガレージキット即売会
    イベントへの参加申込の発表とを、行いたい所なのですが、開発の進捗が
    あと一歩、微妙な所ですのであと数日、あと数日お待ち頂きたいと思い
    ます。

     

    なお、内部的な進捗としては一応シリコン型の作り直しも終わり、試験
    注型を何度か行って何とか量産できそうな感じになりましたので恐らく

    このまま製品化し、あと1ヶ月くらい以内でできるだけ量産し、説明書も

    パッケージイラストも製作する、という予定でおります。

     

    で、これだけで終わってしまうのもアレなので、開発中の製品の原型の一部
    を紹介させて頂きます。

     

    前回、今度の新製品は1/350の小艦艇という事だけは前回発表させて頂きま
    したが、もう少し詳細を言うと魚雷艇なのです。で、今回発表させて頂く
    写真はその原型の部品の一部で、魚雷そのものなのですね。

     

    2018111101

    で、上の写真の右側のがその1/350の魚雷部品の原型ですが、左にある更に
    小さな魚雷らしきものは、その半分サイズの1/700の魚雷部品の原型なの
    です。

     

    つまり今回は1/350の魚雷艇に付録で1/700の同じ型の魚雷艇を付ける予定
    なのです。今回の魚雷艇はややサイズが小さめなので付ける事にしたの
    です。

     

    物凄いマニアの方はこの魚雷の形状からある程度、どこの国の何と言う魚雷
    艇か想像がついてしまうかもしれませんが、もし当てられましても何も
    出せません^^;ので当てないで下さいませ。

     

    では、正式発表をお楽しみに。

     

    (続く)

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    0




      「浪漫工房」の活動 (26)

      さて、『浪漫工房』の2018年の秋季の活動の予定としましては、毎年11月
      中旬に開催されていて昨年も参加させて頂いたガレージキットの即売会に
      参加させて頂き、その時に新製品として発売させて頂こうと思って開発
      していた製品の開発終了のめどが経って告知もさせて頂く…はずだった
      のですが、残念ながらシリコン型の設計に失敗し、量産に不向きなもの
      を作ってしまったためにやり直さざるを得ない事になってしまい、その
      結果とても11月中旬までに開発終了というのは無理、という判断になって
      しまいました…。

       

      まあ、そこの即売会(兼・模型展示会)に参加表明をさせて頂いている、と
      いう訳ではないので直接迷惑をかけてしまう、という方はいらっしゃらない
      のは救いですが、一部の方にはそういう予定という事を話してしまっている
      ので、ここに参加予定の中止を発表させて頂きます。

       

      あとは翌月の12月、今年最後の月の中旬にまだガレージキットの即売会が
      予定されておりますので、それの際には新製品として発売できるように
      現在原型から修正中です。

       

      アイテムの内容は、発売できる事がほぼ確実になってから発表させて頂く
      予定ですので現段階ではあまり書けませんが、1/350の小艦艇シリーズの
      第3弾です。

       

      今回の失敗のポイントだけちょっと書かせて頂きます。

       

      今回は、何とか通常注型でスケールモデルによくある細かいディティール
      にも気泡痕無しで綺麗に注型する方法は無いかと考え、ある、あまりスケ
      ールモデルガレージキットでの使用例が見つからなかった特殊なレジン
      樹脂を使ったらうまくいくのではないか、と思い、それ用に割と原型の
      ディティールもクッキリ目に作りシリコン型を作成したのですが、残念
      ながらうまくいかなかった、という事です。

       

      その「ひょっとするとうまくいくかも」と思いついた特殊なレジン樹脂と
      いうのは、竹林化学工業の『タケシール・シェルキャスト』という樹脂
      です。購入したのは最も量の少ない、お試しセットです。

       

      shellCast01

      なお、上の写真は1回使った後のものなので主剤の蓋など、ラジオペンチを
      使って開けた跡があります。硬化剤の蓋も固かったので1回、ペンチを使っ
      てます。主剤をB液、硬化剤をA液と名付けているのも通常のレジン製品と
      違ってます。

       

      これはシリコン型に筆で塗りつけ、タイヤキ方式で複製物を作るというのが
      標準的な使用法、という事になってますが、粘度は高いですが普通に注型
      して使う事もやり方によっては出来る、という情報を事前に得てました。
      また、混合時の硬化時間、つまり可使時間が7分という事になってました。

       

      これらの事から、スケールモデルのシリコン型にも、片面ずつ筆や針を
      使ってディティールにも塗り付け、タイヤキ方式で両方を合わせれば
      スケールガレージキットの複製にも使えるのでは、と思ったのでした。

       

      しかし実際やってみると、主剤と硬化剤とを混合した状態の粘性が高すぎ
      て、細部に針で塗りつけようとすると非常に時間がかかり、今回の複製物の
      片面をとても7分以内に塗りつけられない事が分かりました。

       

      部分部分、少しずつ塗り付けるという方法もありますが、浪漫工房のキット
      はグレーモールドにする事にしているので黒い顔料を少し混ぜているのです
      が、これを毎回同じ割合にして同じグレーの色調にする、というのは非常に
      難しいです。また、針で細部に塗り付けると言っても限界があり、苦労の
      割に気泡痕が多少残る、というよりは粘度が高いせいで針の方に付いてしま
      って細部に樹脂が付き損ねる部分がそれなりに出てしまう、という事です。

       

      また、ある程度の硬化は数時間くらいの時間で済みますが、脱型出来る程の
      硬化はやはり24時間かかります。

       

      結局、こうした理由で使用を断念し、原型もディティールを若干潰し、分割
      を増やし、シリコン型も通常注型に合ったものに作り直す事にした訳です。

       

      …という事で、次回、予定としては2週間後くらいには新製品のアイテムに
      ついて発表させて頂きたいと思っております。

       

      (続く)

       

      JUGEMテーマ:模型製作

      0






        | 1/90PAGES | >>