calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

「浪漫工房」の活動 (19)

さて、昨年末にガレージキットの即売会に参加させて頂いてから半年近く
経ちまして、本来ならもう数ヶ月前の今年春のモデラーズフェスティバル
等のガレージキット即売会で新製品を販売している予定だったのですが、
今年も色々ありまして予定が延び延びになっております。

 

しかし、やっと新製品を販売できるめどが立ちまして、次の期日的に最も
近いガレージキット即売会である「第9回いっちょんちょん即売会」
参加させて頂く運びとなりました。

 

で、何でこんなに新製品開発が遅れたかの理由の一つは、今回から製品の
レジン注型時の気泡跡発生を抑えるようと、遠心脱泡機を小型扇風機(サー
キュレーター)の改造で自作しようとしたからなのです。

 

で、その遠心脱泡機ですが一応出来たのですがまだまだ低性能で改良の余地
ありという感じですが、現状を報告させて頂こうと思います。

 

enshinDappouki01

1枚目の写真はその初期段階の状態です。

 

扇風機本体を90度上向きにして、100円ショップで購入したバケツの上縁を
切り外し、底面の中央部のみ小さく円形に切り出して扇風機のシャフトに
嵌め込んであります。元々はこのバケツにシリコン型を嵌め込んで、バケツ
ごと回転させる予定でしたが、それだとシリコン型もやや大きめで、重量も
それなりになりそうだったので、このバケツは外側のカバー(回転時にレジ
ンが飛び散る可能性が高いのでそれを防ぐ外壁)として使う事にしました。

 

扇風機(サーキュレーター)はC:NETというメーカーの型番CM102。羽根直径が
22センチ程度で、何と言っても向きを90度上向きに固定できるという所が
改造母体としてピッタシ!!と思って購入したものです。

 

なお、以前ネットで検索した所、遠心脱泡機の自作には包丁研ぎ器をベース
にするのが一般的なようだったのですが、やや価格が高めなのと、回転速度
が急に速くなるだけで調節が難しそう、これに使うシリコン型が大きめに
なりそう、等の理由でこのサーキュレーターを改造母体としました。価格も
税抜き1980円と、もし改造し失敗したうえ、サーキュレーターにも戻せなく
ても諦めの付く程度の価格というのも魅力でした。

 

…で購入してみて、まず羽根が取り外せるかどうかという所ですが、メー
カー公式には取り外し不可という事でしたが少し力を入れたらスポッと
中心のシャフトから抜けました。もし羽根が取れなかったら羽根そのものを
バキバキ切り離して円盤を直接接着する形にすれば改造できますがそうする
と二度とサーキュレーターとしての使用は無理なので外せて良かったです。

 

但し、中心にシャフトが5センチ程度突出してますので、上にシリコン型を
載せる円盤を取り付ける時、穴をあけねばならなくなりました。それだけで
なくシリコン型そのものにも穴を開けてシャフトを通すようにしないと
重心が上がり過ぎてしまいまずいと思い、シリコン型にもシャフトを通す
事にしました。

 

enshinDappouki02

2枚目の写真は、そのシリコン型を入れる用の、上記のバケツより一回り
小さい円筒形のギフトボックスで、やはり100円ショップで購入したもの
です。


これは紙製ですが丈夫で、シリコン型を入れるケースとしてピッタリで
した。蓋にはフランス語で「薔薇色の人生」と書いてありますが何か皮肉
っぽいですがまあ前向きに解釈しましょう^^;。

なお、中に入っている段ボールを半円形に切り出してあるものはシリコン
型の抑えになるもので、これを何枚も切り出すのが非常に面倒でした。

 

この続きは次回にて。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

0




    sd.kfz.222 第1シリーズ (9)

    5月に入り、GWも今日で終わりですが、色々他事に忙しく、模型工作にあま
    り時間が取れませんでした。
    さて前回からの進捗ですが、結構面倒臭い工作の変更修正その他を行いま

    した。

     

    sdkfz22228

    1枚目の写真ですが、後部の排気管部品の取り付け用の穴を開け、車体後部の
    3つのエンジン点検ハッチのヒンジをパテ盛りしています。

     

    通常ですとこういうヒンジもプラ板で作るのですが、結構な小ささなので
    同じ大きさに切り出して接着する自信が無いので、いきなりパテ盛りで
    再現しようとしてます。現在はアラが目立ってますがまあ、今後修正して
    ゆくつもりです。

     

    前回からの大きな工作変更点は、車体上部を取り外し式とする所の取り外し
    部分を前部フェンダー両側全部にしていたものを、上部と下部に分けて
    それぞれ車体上部と下部に接着し、フェンダー上部と下部で分割出来る
    ようにした所です。

     

    sdkfz22229

    上部と下部がそういう風に分けられるようになっている事が分かる写真が
    2枚目のものです。この部分を分け目にすると側部、後部から見た場合は
    分け目が目立ちますが、この部分に布が被っているようにするとかして
    誤魔化すつもりです。

     

    この変更工作は面倒でしたが、これでフェンダー前部やヘッドライトなどの
    工作は楽になると思います。

     

    (続く)

     

    JUGEMテーマ:プラモデル

    0




      sd.kfz.222 第1シリーズ (8)

      今回もまた続いて車体回りの工作です。

       

      今回は車体各部に付くハッチ類を0.3ミリプラ板で作成し、仮接着に使える
      水溶性のボンド、ビットマルチ2で仮接着してます。なお、ハッチ類に使っ
      たプラ板がやや黄ばんだ色をしていますが、これは何十年も前に購入して
      いて放ったらかしになっていた0.3ミリプラ板が最近見つかったので使って
      みたものです。
      1枚目と2枚目の写真がそれです。

      sdkfz22224

       

      sdkfz22225

      後部泥除けの前方に付いている踏み板の上の滑り止めは、西友ストアブラ
      ンドのカップラーメン(つまりこの量のものでは一番安いもの)の蓋の
      裏側が全面細かい#形状の凸モールドで、これはミニスケの滑り止めとして
      使える!!と喜んで保存しておいたものをプラ板の上から貼ったものです。

       

      ミニスケ用の滑り止めは、市販のエッチングパーツのそれがどれも1/35用で
      パターンが大柄で使えないので、ある種の煙草の箱の紙とかヨーグルトの
      蓋とかを取っておけば使える、といわれてきましたが、これにカップラー
      メンの蓋が加わりました。しかも、今までのものはどれも#の真ん中の四角
      部分が凸になっているというシビアに言えば「凹凸が逆」な感じでしたが
      これは#の囲みの部分が凸になってて良い感じです。

       

      sdkfz22226

      3枚目の写真は前部を裏返しにしてみたものです。このように前下方に防護
      板(?)があり、フジミ1/76でもパーツ化されてますがあまり出来が良くない
      のでプラ板で自作しました。この部分、取り付け部が複雑で、写真では隠
      れて見えませんがその取り付け部の自作にも苦労しました。

       

      なお、以前の回でも書かせて頂きましたが、底部左右のステアリング部分を
      繋ぐ部分は板状の防護板がありますのでこれもプラ板で作成し、既にダーク
      グレーで塗装してあります。この特徴は第1シリーズのみのものであるよう
      です。

       

      また、ホイルハブ部にも第1シリーズの特徴である、ギターのピックの
      ような形状の防護板(?)が外側に付いていますので、これをやはり0.3ミリ
      プラ板で作成して付けました。この部品、ICMやドラゴンの1/72キットにも
      付いてますが、厚みがありすぎです。
      更に、フジミのキットのホイルの特徴に、タイヤのエアー注入口の蓋(或い
      は潤滑油の注入口の蓋)まで丸い凸状にモールドされている、というのが
      ありますが、やや大きすぎの上存在位置も微妙に違っているので削り取り、
      そこを少しずらした所に0.5ミリピンバイスで穴を開けました。
      実車写真をみると穴状になったままのも多く見られます。という事は蓋が
      凹状なのか、あるいはエアーの注入口なので穴あき状態でOKか、どちらか
      でしょう(自転車のタイヤの空気入れの口部が蓋無しでOKと同じ原理)。

       

      そしてそれを車体の横に置いてみたのが4枚目の写真です。

      sdkfz22227

       

      車体左にある工具箱(?)も取り付けてあります。キットの部品を使用して
      ますが、そのままだと若干形が違うので取り付け部分を2ミリ厚程度切り
      取り、上部は逆に0.5ミリプラ板で高さを増しています。

       

      所で、ここまできてまた車体部品の上下取り外し式を妨げる障壁が新たに
      もう一つ浮かびました、それは車体後部の排気管で、車体上下を跨いだ上、
      排気口は後部泥除けの下にきています。面倒な作りです。フジミキットの
      部品はそのままでも使えますが、上下部品を外すときには障壁になります。
      さて、これも取り外し式にするか、どうするか、悩み中です…。

       

      (続く)

       

      JUGEMテーマ:プラモデル

      0






        | 1/83PAGES | >>