calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

第7回スケールモデラーズフェスティバル (2)

先月の第7回スケールモデラーズフェスティバルに関しては、その後主催者
様が全体の様子から各ディーラーさんの各卓まで割と細かく写真に撮られて
UPされた→http://firstair.co.jp/modefes/
事もあって、前回の記事で終わりにして、『浪漫工房』の次回発売製品の
開発状況に関して書かせて頂こうと思っていたのですが、諸事情により、
もう少しだけ、モデフェスに関して書かせて頂きます。

 

それは、前回紹介させて頂いたディーラー様以外に、是非紹介させて頂きた
いディーラー様があったからです。


そのディーラー様は、『軍事選書堂』様ですが、そこで売られていた
1/2000の3Dプリント製の軍艦キット(洋上模型)シリーズ『デスクトップフリ
ート』が今回紹介させて頂きたいものです。

2018092308

 

2018092309

写真は上掲の2枚だけですが、ご覧のように所謂現用の軍艦のシリーズ
です。この3Dプリント製品を実際に製作されていらっしゃるのは、
『幕之内弁当三次元造形』という個人の3D技術者の方という事です。
そして、こちらの製品は『軍事選書堂』様だけで店頭販売される予定、
との事で、今回のモデフェスで先行販売されたとの事です。

 

調べてみたら『幕之内弁当三次元造形』様はホームページがありました。↓
http://space.geocities.jp/tmakunouchi2013/3D/3Dprinting.html


海外向けにネット販売されている様ですが、日本での販売は軍事選書堂
のみで、と考えられていらっしゃる様で日本向けのネットショップは
見つかりませんでした。ただ今後の展開は分かりませんが、製品の数も
多く、パッケージがトミカのパッケージを意識されたみたいな感じで
可愛いらしくて良いと思います。また、1/2000だけでなく、1/1800という
スケールのものもありました。多分、箱に入る大きさを意識されたので
しょう。

 

いずれにしても、今後も期待される3Dプリントメーカー様です。

 

JUGEMテーマ:模型製作

0




    第7回スケールモデラーズフェスティバル

    以前の日記で告知させて頂きました通り、去る9月23日に第7回スケールモデ
    ラーズフェスティバルに参加させて頂きました。

     

    ただ、『浪漫工房』としては、元々正式に参加表明していなかった事、当日
    持って行った製品が少なかった事、間借りさせて頂く予定だった2ndArmyの
    ブースの空きスペースが予想以上に狭かった事等を考えて、参加を見送ら
    せて頂きました。

     

    まあ逆に2ndArmyのミニスケ完成品が予想以上に集まった、という事でも
    ありました。私も昨年完成して初参加となるラッパトジープと、最近完成
    したsdkfz222を持って行って置かせて頂きました。


    以下がその写真です。中古品販売の手伝いもしたのであまり撮影している
    時間がなく、どれも若干ロングショットの画ですが…。

    2018092301

     

    2018092302

     

    2018092303

    まあ、大きく映っている写真とかはまた主催者さんが撮影して下さっている
    と思いますので、そちらを期待しましょう。

     

    他、ミニスケ関連では『電脳造形研究所』さんが3Dプリントキット「ARL
    44」を1/72で販売されてました。3Dソフト(CADソフト)で原型を作られた
    YAMAGさんはゲーム会社『ILCA』の方で、3DCGのプロの方。どうりで内容
    だけでなくパッケージももう完全にプロ中のプロの出来でした。

    2018092305

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    0




      sd.kfz.222 第1シリーズ (18)

      さて、前回から大分色々工作、塗装も進めまして、今回でとりあえず完成
      です。

       

      sdkfz22253

      1枚目の写真は定番の、左斜め前方からのものです。スコップもプラ板と
      プラ棒で自作しましたが少し柄の部分が太すぎましたがまあ許容範囲で
      しょう。しかし、運転手フィギュアもプライザーの改造で載せたのに
      クラッペ一枚を上げた状態にしただけだとほぼ、外からは見えません。

       

      sdkfz22254

      2枚目も定番の、1円玉と並べたものです。
      ウェザリングはトノ粉を水で溶いたものをなすりつけるのを基本にウォ
      ッシングなども加えて軽めに。何せ初期のポーランド戦のイメージなので
      あまり汚れていない、というものです。

       

      sdkfz22255

      3枚目は左少し後ろから。後上部の木箱もプラ板積層で自作しました。
      後下部の2個のフックもキットは省略されているのでプラ板から。

       

      sdkfz22256

      4枚目は右少し後ろから。右横の予備タイヤも、布で覆われた状態を想定
      してプラ板積層とエポキシパテでもっこりした感じに。塗装は若干他の
      部分のダークグレーと違う感じにしたかったので青み無しのグレーで
      塗りました。

       

      sdkfz22257

      5枚目はまた最初のアングルに戻りましたが、砲塔上部の防御ネットを
      閉じてみました。閉じると全体形の纏まりは出ますが動きに乏しい感じに
      なりますね。

       

      なお、塗装はグレーサフを塗った上にタミヤアクリルのダークグレーを塗
      ってますが、タイヤハブやフェンダーはその後良く手で触ったので淵に
      微妙な塗装ハゲが出てますが、何となく本物の塗装のハゲチョロっぽく
      なったような気がしましたのでほぼそのままとしました。

       

      とりあえずこれで1/76のsdkfz222は完成・終了とさせて頂きます。

       

      (sdkfz222第1シリーズ・了)

       

      JUGEMテーマ:プラモデル

      0






        | 1/89PAGES | >>