calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

調布シネマフェスティバル2020

先月の2月14日から、今週末の3月8日までの期間に東京都調布市で「調布
シネマフェスティバル2020」というイベントをやっております。
そのイベント会場の建物の一つ、「文化会館 たづくり」で、模型に
関連した展示を幾つかやっていたので先週末、行ってきました。今回は
そのレポを行わせて頂きます。

 

20200229_01

1枚目。1階エントランスの真ん中に飾ってあった映画「羅生門」のセットの
1/10スケールの再現模型です。この模型を製作したのは現役の映画美術
スタッフの方々だそうです。

 

20200229_02

2枚目。その左側1階のUPです。

 

20200229_03

3枚目。1階屋根あたりのUPです。

 

20200229_04

4枚目。右側からのショットです。

 

また、羅生門の模型より建物の入口側の方で、昨年公開の映画「アルキメ
デスの大戦」に関する展示をやっておりましたのでそれに関して幾つか
撮影してきました。

 

20200229_05

5枚目。この映画の公開時にTVでよく予告編が流れましたが、その予告編の
かなりの割合を占めていた、戦艦大和の沈没シーンの3DCGのスチルとそれに
関する解説です。この世界では定評ある「白組」さんが3DCG担当です。

(この映画の監督の山崎貴さんも白組さん所属の方です。)

 

20200229_06

6枚目。主人公の櫂が設計した形状の大和の(設定上の)1/120の模型。映画中
で使われたもの。映画の中でも模型として登場するものなので、あくまで
形状見本模型ですが、流石に大きいので迫力があります。

 

20200229_07

7枚目。その中央部のUP。

 

20200229_08

8枚目。山崎貴監督の絵コンテや映画の小道具等の展示。

 

20200229_09

9枚目。右下は映画中で使われた、(映画の)山本五十六の双眼鏡。

 

20200229_10

10枚目。映画中の主人公達の衣装。

 

20200229_11

11枚目。櫂の描いた彼の設計した大和の設計図。

 

なお、私はこの映画は未見です。原作は若干読みましたが設定が設定の
せいもあって中々面白いのですが、原作もまだ終了してる訳でなく、
その中で2時間位の映画にしてるので、落とし所が中々難しいだろうな、と
思ったりしてます。

 

他に同じ建物の2階で映画美術に関する若干の展示があり、時代劇のセット
のやや小さなものの展示などもあって中々面白かったのですが、少々用事が
あって撮影可かどうかすら聞かずに帰ってしまいました…。
なお、このページに上げた写真はもちろん撮影もネットUPもOKのものです。

 

(この項終わり)

 

JUGEMテーマ:映画





第9回スケールモデラーズフェスティバル

もう一週間ほど過ぎてしまいましたが、9月29日の第9回スケールモデラーズ
フェスティバルの、72ndArmyのミニスケ展示について書いておきましょう。

 

なお、今回掲載させて頂く写真はすべてミニスケ仲間のあさんが撮影された
写真を後で頂いてトリミングし、容量を軽くさせて頂いた物です。

 

2019092901

1枚目は全体像ですが、真ん中のプレートが良いですね。100円ショップで
売られていて、文字がプラモの部品のようになっていて自由に文言が
作成できるものという事(こじこじさん談)です。

 

2019092902

2枚目はこじこじさんのルーマニアのR-1で、attackの簡易インジェクション
か、レジンキットだったと思います。旧作ですが良く出来ています。

 

2019092903

3枚目のはSHOZOさんの作品群で、日本戦車はIBGの、ソ連戦車はUNIモデルの
ものとの事です。どれもここ1年の新作で、精力的に作られています。
また、エアブラシでカラーモジュレーション、単色重ね塗り変化仕上げを
されていて、これが非常に美しく、CG画のような効果を上げられています。

 

2019092904

4枚目はやはりSHOZOさんのモデルキット999のタイガーIで、色々手を加え
られていて、更に塗装も実感ある仕上げにされています。

 

2019092905

5枚目はあさんのドラゴンのタイガーIで、ほぼ素組との事ですが、マーキ
ングなどもデカールの余白を感じさせない仕上がりになっていて良い感じに
仕上げられています。

 

2019092906

6枚目もあさんのパナールEBR装甲車で、海外のレジンキットとの事です。

これも塗装仕上げがお見事です。

 

2019092907

7枚目もあさんの作品で、メルカバMk.IVで旧作ですが飾り台が特徴的で、

灰皿を裏返した物との事。中々良い感じです。後のオブジェは
物体Xで、これからメルカバを襲う所との事(嘘です^^;)。

 

なお私はズベズダ1/100のパンサーを出させて頂きました。前回のモデフェ
スで単色塗装だったのを迷彩塗装にしたものです。既に当ブログで写真も
発表しているので今回は割愛させて頂きます。

 

他にも素敵な作品が色々ありましたが、あとはモデフェス・アキバ様の
HPの該当ページをご覧くださいませ。

 

(この項終わり)

 

JUGEMテーマ:プラモデル





「浪漫工房」の活動 (44)

去る7月28日、告知させて頂きました通り「ワンダーフェスティバル2019
夏」に「2ndArmy」様の一員として参加させて頂きました。

 

cruiserMKIIIWF2019072801

1卓の1/3弱程度のスペースをお借りして「浪漫工房」商品を展開させて
頂きました。1枚目の写真です。
新製品の「1/144 巡航戦車Mk.III」の他、D-Day75周年という事もあった
ので1個だけ在庫の残っていた「1/144 LCP(L)141号」を持って行き
販売させて頂きました。もっとも肝心の「D-Day75周年」というPOPを
作っておいて持って行くの忘れるというポカをしてしまいましたが。

 

cruiserMKIIIWF2019072802

2枚目の写真ですがその「2ndArmy」卓の残りの左側2/3の様子です。
私のミニスケ友人が個人輸入した3Dプリントの1/72の日本陸軍アイテムが
右に見えますが、今回はこの2つはあくまで見本だけの参考出品でした。
その左側は中古プラモ関連商品ですがキャラものばかりですね^^;。

 

今回の売れ行きですが、巡航戦車Mk.IIIはやはりアイテムが地味、という
事もあったのか今ひとつの感じでした。まあ他のイベントにも参加予定も
あるので地味に売ってゆこうと思ってます。LCPL艇の方はたまたま知人の
艦船模型ファンの方とお会いしまして、その方に購入して頂けました。

LCPLはこれで家の在庫も無くなりまして完売となり良かったです。

 

今回は前日夜から台風がちょうど関西から関東に縦断する所だったので、
当日朝の交通など非常に心配でしたが、途中で熱帯低気圧に変わった
せいかその朝に多少の雨が残った程度で良かったです…が、自分的に
ディーラー参加で前日当日にこのような天気だったのは初めてだった
ので前日夜は眠れず、当日も念のためかなり早出したせいか、開場時は
なんだか頭がボーっとしてしまい、回りのディーラーさん達に知人さんも
多かったのに殆ど挨拶回りもせず、購入巡りも殆どせずじまいという
感じになってしまいました。

 

後からガイドブックを見ると結構、回りにミニスケールや1/144のガレージ
キットのディーラーさんがおりましたのでちょっぴり後悔…。

まあガイドブックを見ずとも「2ndArmy」の正面のには、かなり以前からWF
に参加されていてキャラものと1/144AFVの両方で高品質の製品を出されて
いらっしゃる「La不細工デリ子」様の卓もあったりしたのは分かっていた
のですが…。

 

後から聞いた情報だと、新製品として1/144のティーガーI型(初期型)が3D
プリント製品としてリリースされていたとの事。「La不細工デリ子」様は
ジオシティーズのサーバーにホームページがあったのですがジオシティー
ズのサーバーが今年3月でサービス終了したのに合わせて無くなってし
まった…(と、思い込んでいたのですがWFの後で調べ直してみたらちゃんと
移転されてました→http://labpsychdelico.g2.xrea.com/)、事前情報も
得られませんでしたが、購入された方の情報によるといつものハイクオリ
ティで、アイテムとしては王道中の王道ですが以前発売されていたドラゴ
ンの1/144が現在入手難という事を考えてもなかなか素敵なアイテムと
思います。

 

他、改めてガイドブックを見てああここに行けば良かった、他にここに
行けば良かった等々思う事多数なのですが、写真無しでそんな事をあれ
これ書きまくっても読まれる方も苦痛と思うのでこの辺にさせて頂きたい
と思います。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作







| 1/6PAGES | >>