ラットパトロールジープ (25)

さて、このアイテムでエンエン引っ張るのももう限界を感じてきました
ので、もう完成という事にさせて頂きたいと思います…^^;。

 

元々3〜4ヶ月くらいで完成させようと思っていたのですが、やはりと
言いますか人形に思った以上に時間がかかってしまい、倍くらい期間が
かかりました…。まあ、全く別方向の艦艇のガレージキットとか始めた事も
言い訳としてはありますが…。

ratPatJeep48

 

こうやって完成させたのを妙に細かい所まで映ってしまうデジカメで撮影
したものを改めて見てみますと、色々と不備も映ってしまってちょっと
ナニですが…。

ratPatJeep52

 

もう少しやるとしたら汚し塗装、特に車体後部側面のあたりですが、下地の
ダークグリーンが死なない程度に前面にバフ、サンドがかかった感じに
するのが何かイマイチ難しい、と感じております…。

ratPatJeep51

 

塗装は今までと同じに、基本塗装がGSIクレオスのラッカー系と一部、
タミヤの水性アクリル塗料の筆塗り。私の場合、水性アクリル塗料も大体
古くなっていてラッカー系の薄め液で薄めて使うので、ラッカー系と同じ。

 

汚しはエナメルやらパステルのバフやらでドライブラシ、ウォッシング等を
重ねる事になりますが、現状でもそれなりにやっているのでこれ以上やって
うまくいくか、という気がして怖いのでまあこの位にしておこうか、と思っ
てます…。

 

ratPatJeep49

4枚目の写真はWAVEのショーケースの最も小さいサイズ、SSのものの台に
60番のサンドペーパーの砂の付いた部分を上にして塗装し、プラ板に
貼って砂漠の地面としたものを載せたお手軽砂漠ジオラマ台に本体を
乗せたものです。プレートは黒プラ板に金のメタルテープを貼り、文字は
余剰デカールを適当に切り張りして付けました。

 

ratPatJeep50

5枚目の写真は基本の台にカワイの木製飾り台の長方形の一番小さいもの、
P-2を使ったものです。ニスを塗ろうとしたら昔購入したものは既にカチ
カチに乾燥していて使い物にならなかったので、GSIクレオスのブラウン、
レッドブラウンで適当に塗って上からクリヤーを塗って誤魔化しました。

 

まあ、両面テープで仮付けしただけなのでどちらにも使えます。

 

しかし今回、反省点が多いです。特に人形は、最初のヒッチコック二等兵の
胸板がガッチリしすぎ、腕が太すぎの感じになってしまいました。単体だと
目立たなかったのですが二体目のトロイ軍曹が逆に頭デカチの感じに出来て
しまった為に妙に目立つ感じになってしまいました。他に指の表現と服の
皺の感じも雑すぎました…。まあミニスケなのでこの位でいいだろうと甘い
感じで作っていると本当に甘い出来にしかならない、という事ですね…。

 

しかしまあ、練習としては良かったです。ラットパトロールに対する愛が
足りなすぎ(?)という部分もあったかも…。まあ、今後の反省点という所
です…。

 

ratPatJeep53

最後の写真はミニスケジープ5台の集合写真。これだけ集めても20x15センチ
の場所しかとらないのがミニスケの良い所です…。小さいので展示会で
目立たない、とミニスケを嫌う方もいらっしゃるようですが逆に、展示
場所が狭くても置ける、という利点があります。

 

(ラットパトロールジープ・終わり)

 

JUGEMテーマ:プラモデル

 

 

 

0




    ラットパトロールジープ (24)

    もういいかげんこのアイテムは完成!…にしたい所ですが、スチルを改めて
    見直してみた所、トロイ軍曹がヒッチコック二等兵と同じように戦闘時は
    ゴーグルをしていて、非戦闘時はそのゴーグルを首にかけていた事が
    分かりました。

     

    面倒くさいなぁ…と思ったのですが、何だか首から下げているせいで
    襟元の下あたりでクシャっと2ツ折になっている感じで、追加パテ盛りで
    何とかなりそうだったのでまあ何とか、エポパテを例によってツマヨウジで
    盛って、マチ針の先も使って整形して何とかする事にしました。

     

    ratPatJeep46

    写真はパテを付けた状態です。

     

    他に、ベルトのバックルもアルミホイルを切って付け、帽子の紐も首回りに
    かけて塗装してそれらしくしました。

     

    (続く)

     

    JUGEMテーマ:プラモデル

    0




      ラットパトロールジープ (23)

      さて前回、ジープの側部と後部の手すり(持上げハンドル)をプラ板と
      プラ棒で自作しましたので、今回はそれらを塗装して、トロイ軍曹は一旦
      取り外して、再度運転手のヒッチコック軍曹を載せて撮影しました。

       

      ratPatJeep43

       

      ratPatJeep44

      こうやって見ると、ハンドルの位置が以前作ったフジミ1/76のそれなどに
      比べてずいぶん上がった位置にあるようにも見えますが、こちらの方が
      正しいです。

       

      ところで、以前ヒッチコック二等兵の被っている帽子についてですが、
      前に書いた時、トルコ帽に似ているけど違うとか何とか書きましたが、
      どうやらアメリカ南北戦争時の北軍の制服の帽子、「ケピ帽」と呼ばれた
      もののようです。それも赤色の砲兵のもののようです。

       

      これが分かったのは、何となく古いホビージャパン誌(1972年10月号)を読み
      返していて、1/35のタミヤのウイリスMB(古い方)をラットパトロール
      ジープに改造する記事を見つけ、それに「北軍の帽子」と載っていたから
      です。

       

      実はこの記事が自分の持っている古い模型誌に載っていて読んだ事があった
      事は何となく覚えていたのですが、内容やどの雑誌のどの号に載っていたか
      という事は今までずっと忘れていたのです。

       

      今になって見つかったのですが、まあ、古い白黒記事ですし、その他の改造
      詳細については現在、ネットを探して見つけた情報以上のものはありません
      でしたが、しかしまあ、改造を始める前に見つかっていれば…。まあ、よく
      ある事です(?)…。

       

      多分、当時のTV雑誌(テレビジョンエイジなど)には、ヒッチコック二等兵の
      被っている帽子がこのケピ帽である事は書かれていたりはしたのでしょう。


      ratPatJeep45

      現在のネットの情報では、少なくとも私が検索した時はこの件は見つかり
      ませんでした。まあ、私の検索不足かもしれません…。何にしても分かって
      良かったです。

       

      (続く)

       

      JUGEMテーマ:プラモデル

       

       

       

       

      0






        | 1/9PAGES | >>