calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

「浪漫工房」の活動 (59)

さて、ひとしきり前の事になりますが、2月9日に開催されたワンフェス
にて、浪漫工房の製品の最近の3種を、「模型探偵団」様のブースで販売
させて頂く旨の告知をさせて頂きました。そしてその通り、ワンフェスの
「模型探偵団」様のブースで販売して頂きました。

 

「模型探偵団」様の担当の方の話だと各アイテムにつき3個づつ、全部で
9個、預って頂いていたのですが、どのアイテムも2個づつ売れたのだそう
です。


なお販売時に若干の手違いがあって、午前中に2個づつどれも売れてしまっ
たのですが、その際にもう1個ずつ残っていたのがその時ブースにおられた
方に伝わらなくて「完売」という札を出してしまったそうです。

 

その後、正午前後のタイミングでもう1個づつ手元在庫がある事が分かり、
「完売」の札すぐを取り下げたそうです(その後は売れなかったそうです)。

 

…というような事はありましたがそれでも2個づつ売れたのは私の予想
以上で、販売して下さった「模型探偵団」のメンバー様には大変感謝させて
頂いております。ありがとうございました。

 

これに関してはその後がありまして、今年の5月中旬に静岡でホビーショー
が予定されていて、それに付随してモデラーズフリマというフリーマー
ケットが予定されていて、それに「模型探偵団」様もディーラー参加する
予定があったので、当、浪漫工房としては預かって頂いている若干数の
製品をワンフェスと同じように販売して頂く予定だったのです。

 

…が、ご存知のように少し前の2月末、静岡ホビーショーは新型コロナウイ
ルス対策の関係で中止となり、モデラーズフリマも中止となり、浪漫工房
製品の委託販売も中止となってしまったのですね。

…と、いう事で、浪漫工房始まって以来、初めて活動に、社会的事象から
影響を受けてしまいました。

 

まあ、あくまで従来製品のごく少量の委託販売が中止になったというだけ
ではありますが、やはり残念な事です。

 

一応、浪漫工房としては一応その静岡ホビーショーの頃をめどに新製品を
開発している所なのですが、次のガレージキットの販可能イベントがいつに
なるのか、やはり新型コロナウイルスの悪影響の関係で全く不明な為、ちょ
っと何とも言えない状況になっております。

 

まあ、一応希望的観測として、今年の梅雨以降はウイルスの活動が弱まり、
世界の経済活動に対する悪影響も弱まり、ガレージキット販売関係のイベ
ントも開催できるであろうと予想し、それをめどに開発してゆく予定です。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作





「浪漫工房」の活動 (58)

既に明後日の事になるので緊急告知になりますが、2月9日に幕張にて開催
予定の「ワンダーフェスティバル2020冬」に、「浪漫工房」は直接、参加
させて頂く予定はありませんが、製品の一部を「模型探偵団」様の卓に
委託して販売して頂く事になりました。(私個人は行かない予定です。)

 

「模型探偵団」様の卓ナンバーは「7-42-02」です。

 

販売させて頂く予定の製品は、直近の3アイテムの製品、「1/144 巡航戦車
Mk.III」と「1/144 巡航戦車Mk.IV」と「1/350 G-5級魚雷艇」になります。

下の写真の幅をぐっと詰めたような感じで販売させて頂く事になると思い
ます。3アイテムとも販売予定数量はごく僅かで、数個程度です。

20191208roumanTak

 

皆様、宜しくお願い致します。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作





「浪漫工房」の活動 (57)

さて先日の12月8日、告知通り第12回いっちょんちょん即売会に参加して
参りました。

 

私は前回のいっちょんちょん即売会、今年の6月に開催されたそれには
浪漫工房としては参加せず、顔見せ的に客として遊びに行っただけでした
ので、ディーラー参加としては1年ぶりでした。

 

20191208roumanTak

1枚目の写真は全体写真です…と言いたい所ですがうっかり全体写真を
撮り忘れましたので、まず当、「浪漫工房」のブースから。
左から巡航戦車Mk.IIIとMk.IV、新製品のG-5級と並ばせて頂きましたが
偶然3.4.5という並びになってしまいました^^。


なお、これはイベント開場直前に撮った写真です。以下、各ディーラー様の
ブースの写真も同じく基本的に開場直前に撮らせて頂きましたが、それは
開場後に撮影しようとすると、お客様のお買い物の邪魔になるので、と
いう事と自分も販売をしているから、という事があるからです。

 

20191208matsuoTak01

2枚目の写真は主催のマツオカステン様のブースです。新作はドイツの38D
28兌走砲(突撃臼砲)。計画だけで製造までされなかった車輌だと思い
ましたが、見事に製品化されています。

 

20191208matsuoTak02

3枚目の写真はマツオカステン様の別卓で、製品の完成見本が展示されて
ました。新作の自走砲の完成見本が3輌も見事に塗装まで出来ていて、
製品化だけで大変であろうアイテムを3輌も、しかも面倒そうな迷彩まで
して、と感服するばかりです(代表のマツオ様が一人で作られたそう
です。)。

 

20191208labusaikTak

4枚目の写真は「La 不細工デリ子」様のブース。写真は一つ一つが小さくて
やや見辛いですが、中央の全面グレーの見本の物が新作のT44-100の
ようです。相変わらず工業製品的な精度で見事です。写真の左側5点は
仙台のミラージュオーシャン様の委託商品のようです。この5点も出来が
良いようです。

 

20191208dameyaTak01

5枚目の写真は「紙でコロコロ」様のブース。新作はM102・105ミリ榴弾砲。
「紙でコロコロ」様もガレージキットは確かWTMの第一弾が発売されて
1/144スケールが流行し始めた頃から、或いはそれ以前からのベテラン
メーカー、ディーラー様でこの通り製品も陸・海・空と多岐に渡って
質・量共に凄いですし、あのエネルギーが今でも変わらないというのも
凄いです。

 

20191208dameyaTak02

6枚目の写真は同じ「紙でコロコロ」様のブースの完成見本品群ですが、
中央が新作のM102で、右下に白っぽく光の反射で見辛くなっているのは
ペーパークラフト商品群と思います。「紙でコロコロ」の名称通り
ちゃんとペーパークラフト商品もあるのですね。

 

20191208lilipaTak

7枚目の写真はリリパットエアフォース様のブース。こちらもかなり
以前から3Dプリント商品、デカール等を販売されています。

 

20191208dameyaTak01

8枚目の写真はDAMEYA様のブース(その1、右側)です。DAMEYA様もWTM

初期の流行の頃から活動されているベテランディーラー様で、ある時期

までは無発泡ウレタン製の通常のレジンキットを販売されてましたが、

徐々に3Dプリント製品を開発・販売されるようになってます。1/144の

新作はM60A1 RISE(M60A1の近代化改修型)で、M60A1の改造パーツのみの

製品。

 

20191208dameyaTak02

9枚目の写真は同じくDAMEYA様のブース(その2、左側)です。1/2000の
3Dプリント艦船洋上模型にも近年、力を入れられていらっしゃる様です。
新作は1/2000エンタープライズ級(最近エフトイズから塗装済み食玩で
発売)の艦載機セット。

 

20191208onkoTak

10枚目の写真はは温故知新堂様のブース。温故知新堂様はここ数年、各種
即売会イベントに精力的に参加されていらっしゃるディーラー様です。
1/2000の艦船洋上模型、特に日露戦争関連アイテムが多い様でした。

 

20191208randingTak01

11枚目の写真は「らんでぃんぐ・ぎあ」様のブース(その1、右側)です。
1/144航空機のデカールメインですが、この写真の右側にちょっと変わった
(?)3Dプリント商品がある様です。

 

20191208randingTak02

12枚目の写真も「らんでぃんぐ・ぎあ」様のブース(その1、左側)です。
こちらのデカールは質も高いようです。

 

20191208cosTak

13枚目の写真は展示参加のCOS様が中央の卓に持ち込み作品と、Nゲージの
鉄道模型レイアウトを電動で動かせるようセッティングされている所
です。中央にかなりマニアックなアイテムが見えます。また、左に
3Dプリント出力された作品も見えます。

 

20191208kyakTak01

14枚目の写真はお客様持ち込み作品群です。これは開場後撮影したもの
です。大戦末期のドイツ軍計画車輌が多いようです。

 

20191208kyakTak02

15枚目の写真もお客様持ち込み作品群です。左の2輌は通常の4号戦車の
長砲身型のようですが、右の2輌はSF車輌のようです。オリジナルデザイン
かも知れません。写真がちょっとブレていて申し訳ないです。

 

他にもお客様持ち込みの素晴らしい作品が多くありました。当日は15時
からは主催のマツオカステン様の代表の松尾様の、お仕事と海洋堂関連の
トークと、その後じゃんけん大会で盛り上がりました。

 

私の持ち込んだ商品のうち1/144の車輌は開場1時間の間に完売してしまい
ました。まあ、あまり数を持ち込まなかったというのもありますが、あり
がとうございました。新製品はあまり売れなかったですが、これは昨年も
そうで、このイベントは1/144の戦車、航空機がメインのイベントなので
1/350の魚雷艇とかはあまり売れない、と分かっていたので想定内です。


私は流行や売れ行きに関係なく自分の好きなものを予定通り、リリースする
という目標でやってますしそれが自主製作の醍醐味と思っております。

とにかく、参加された皆様、お買い上げ下さったお客様、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作







| 1/24PAGES | >>