calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

1/350 G-5級シリーズ7/9 魚雷艇 (2)

1/350・G-5級魚雷艇の続きです。今回で完成です。

 

1枚目の写真は0.1ミリ径の真鍮線を使って空中線を取り付けている所です。
取り付けた後、Mr.カラーの艶消し黒で塗っています。

g5MtbSeisakPhoto05

空中線は伸ばしランナーでも良いですが、この位の長さになると、伸ばし
ランナーの曲がったクセを直して取り付けるのは難しいので、こういう金
属線の方が使い易いと思います。なお、後で気がつきましたが0.1ミリ径
なら、電熱線をほぐしたものの方が元が黒鉄色で、クセも直し易いので
真鍮線より適しているようです。

 

2枚目の写真からは完成写真です。艇尾旗竿に付けたソ連海軍旗は、白い
余剰デカールをこの大きさでその形に切り取り、内側の星等の図柄を
細筆でそれらしく書きこんで付けています。

g5MtbSeisakPhoto06

 

g5MtbSeisakPhoto07

 

g5MtbSeisakPhoto08

 

g5MtbSeisakPhoto09

所で、空中線はこれまた後で気がついた事ですが、メインマストから後部の
旗竿までは無くて正解で、前の写真の段階では間違えていたので取り外して
います。また、飾り台にPCで作成したネームをラベル用紙に印刷して貼って
います。

 

なお、この作例はオマケの1/700の方と共にシリーズ9として作成していま
す。箱画に合わせています。1/700は艇番号は1/72の旧エッシーのM3装甲車
のものを流用しています。「133」は単に「132」に1を足しただけであまり
深い考証はしていません。マスト類はあくまで完成見本という事で、説明
書に合わせてメインマストを付けただけですが、1/700でも詳細に作られ
たい方は艇首のマストや旗竿、空中線等、工夫をされて取り付けられても
良いと思います。

 

という事で、本来12月8日に完成しておくべきものが今日までかかりまし
たが、年内に完成して良かったです。さて明日はもう大晦日ですが何とか
新年の準備を色々しないと…。

 

(この項終わり)

 

JUGEMテーマ:模型製作





1/350 G-5級シリーズ7/9 魚雷艇 (1)

さて、去る12月8日のいっちょんちょん即売会での浪漫工房の新製品、1/350
のG-5級魚雷艇の完成見本は、時間の関係で全面サフ塗り状態まででの展示
でした。

 

なのでそれを今年中にきちんと塗装済み完成見本としたいと思います。
という事で、その項目をたてて塗装から後の工程の内容について記述させて
頂きたいと思います。

 

まず、艇の下面のハル部を組立説明書の指定通りMr.カラーのNo.33の艶消し
黒で塗ります。通常、こういう塗り分けの場合、明るい色から塗りますが、
以前の魚雷艇の塗装でも同じ事を書かせて頂いた事があったと思いますが、
塗り分け部も単純な線である事ですし、黒を先に塗ります。

 

g5MtbSeisakPhoto01

そして上甲をまた指定通りMr.カラーのNo.35で塗ります…と言いたい所です
が、手元にありませんでしたので、近似色のNo.308で塗ります。
1枚目の写真はそこまで塗った所です。なお、機銃部品はまだ付けてません
が、以前の全面サフ塗り状態の時は付いていました。

 

これはどういう事かというと、この個体は即売会で展示したものとは別の
個体という事です。以前の巡航戦車と同じように、全面サフ塗りまでの
状態のものも必要なので、別に作っているのです。

 

で、この機銃部品ですが、写真でも分かるようにかなりバリが出て、銃身を
出すのがかなり大変になっていると思います。今回は完成見本なのでこれを
削って使いましたが、ユーザーの方は他社キットでほぼ同じ大きさの物を
流用するか、プラ板と伸ばしランナーか真鍮線で作り直した方が良いと
思います。

 

g5MtbSeisakPhoto02

次にスミ入れをパステルを溶いたものをタミヤアクリルの溶剤で少し薄めた
ものを筆塗りする形で入れます。この後、エナメル塗料とぺトロールを
使ったものでも行います。塗料は黒とコゲ茶色系の色を使います。2枚目の
写真です。

 

g5MtbSeisakPhoto03

3枚目の写真は操舵室の窓の部分を、WAVEの汎用デカールの黒い長方形を
更に長細い形に切って貼る形で使っている所です。このやり方の方がマス
キングして塗装するより楽に出来ます。なお商品名は「X・デカール[4]ブラ
ック」です。

 

g5MtbSeisakPhoto04

4枚目の写真は、No.308だけでは青味に緑味まで入って色合いが濃すぎの
気がしてきたので、Mr.カラー特色の艦艇色、SC-03を薄く上塗りし、
更に艦番号をマッチボックス1/72のルノーFT17のデカールを使って貼った
所です。また、窓部は黒色だけだと寂しい気がしたので青を薄く上塗り
しました。その他、パネルラインもサフや塗料の上塗りによって消えて
きていたのでカッターノコ、デザインナイフ等で軽く同じ位置のスジボリ
重ねをしています。また、マストや旗竿は既に伸ばしランナーを付けて
作成しています。

 

この辺でもう殆ど完成となります。あとオマケの1/700は組み立てる事は
なく、そのままでサフ塗りの後はこれと同じように塗装して完成となり
ます。完成写真はまた明日上げようと思います。これで今年ギリギリで
完成という事になると思います。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作







| 1/1PAGES |