calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

twitterはじめました。

twitterもやってみる事にしました。

短文をちょっと投稿するのには便利そうです↓。

https://twitter.com/kou_nakamura_/

 

JUGEMテーマ:模型製作





2017年 あけましておめでとうございます。

20170101nenga01

 

今年はトリ年だそうなので、一番早く作れる3Dオブジェとして折鶴を選んで
加えたのですが…^^;。

 

…ま、お年賀というコトでご容赦を…^^;。

 

本年が皆様にとって良き年でありますように…。
ではでは。

 

JUGEMテーマ:ご挨拶





昭和と人工知能

最近、というか結構以前からではあるが、「昭和は輝いていた」的なTV番組が
矢鱈と流行しているというか、何だか懐古趣味を通り越して鉄板ネタみたいに
なっている様だ。

 

これの原因は色々あるが、一つには現在、「未来に対する漠然とした不安」が
あるという事ではないかと思う。

 

その一つがA.I.、要するに人工知能である。ロボットの進化と言っても良い。
ロボットと言うよりアンドロイドなのだが、今、アンドロイドと言うと
スマホの一種になってしまうので…っていうか、そもそもそれ(高知能ロボ
ット)を意識してグーグル社が付けた名称なので、そのロゴデザインもロボ
ット型だったりするが…。

 

要するに現在、私らの世代ではSF小説、SF映画、SFテレビドラマ、SFマンガの
中でだけだったものが、どんどん現実になっていっているのだが、それら
SF作品の中で描かれる未来は必ずしも明るいものだけでなく、結構暗いものも
多かった訳なのだけど、それは単純に「暗い」というより、将来の課題を
読者、視聴者に投げかけていたのだが…。

 

で、それらがさんざん描かれた頃から30年〜40年位経つのだが、技術その
ものは(ひょっとしたら)予想通り進化したのだが、根源的な課題は全く
解決されていないのではないかと…。

 

例えば既に自動運転される車、私らの子供の頃流行したSFの車で言うと流星号
(スーパージェッター)みたいな車(まあタイムマシン機能はないのだが)が
現実に使用されて(見た目はともかく)、既に事故を起こしたりして、その場合
責任はどこに?なんて事になっている。

 

どうして子供の頃、「未来は明るい」という風に思っていたのか…。
…あ、単純に「バカ」だったからかなあ、などと…(^^;)。

 

…いや、別に「未来は明るい」などと思っていた訳ではないのだが…結構、
「暗いSF」なんかも好きだったし…あ、でも「暗い」あるいは「皮肉っぽい」
SFが好きになっていったのは小学校中学年から高学年になってゆくぐらいの
頃か…。


まあ、いくら何でも小学校低学年の頃から暗いSFが好きだったら気持ち悪いと
言うか…やっぱ、悲しすぎるから…。

 

…う〜ん、ホントは子供の頃感じた、未来の科学技術の問題点は自分が
おベンキョして将来、大人になって解決出来るようにならなくてはいけ
なかったのかも知れないが、多分「自分が生きている間にはそこまで技術の
発達はないだろう」などと、能天気に考えていたフシがあって、イザ大人に
なってみると平均寿命が延びた事もあいまって自分の眼の黒いうちに
そういう問題が表面化しそうな…。

 

…あ、やっぱし「バカ」だったのか…(TT)。

 

今回何だか自虐的になってしまいましたが、まあ秋になったし、たまには、と
いう事でご容赦を…。

 

JUGEMテーマ:日記・一般







| 1/5PAGES | >>