海外TVドラマ 「刑事フォイル」(1)

ここの所、模型製作記事ばっかりだったので、久々に映像関係の紹介記事を
書いてみよう。

 

それは海外TVドラマの「刑事フォイル」である。
これがもうすぐ放映開始、という訳ではないのにこれを選んだ理由であるが、
来月に正式なDVD-BOX(日本語字幕付き、一部日本語放映版も)が発売される
からである。

 

このTVシリーズは非常に長いものなので、全部を紹介するのは非常に大変で
ある。また、とりあえず英国で放映されたオリジナル版の日本語字幕版は
衛星放送のAXNミステリーチャンネルで放映済みの為、wikipediaを始めとする
まとめサイト等で全話に渡って概要は紹介されている。
とりあえずそれらは下記などである。
wikipedia(日本語)↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%91%E4%BA%8B%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A4%E3%83%AB
全話の紹介、あらすじ(日本語)↓
http://koretame88.com/foyle/
AXNミステリーの公式ページ(今月は第9シーズンから3話分再放映予定)(7月16日に訂正:今月8日から第1シーズン第1話から4話分再放映予定) (日本語) ↓
http://mystery.co.jp/programs/foyle
英国の番組公式サイト(英語)↓
http://www.itv.com/hub/foyles-war/2a1515a0006

 

で、それらと同じことをやっても意味はないので、当ブログらしい切り口
で、これぞと思える回をピックアップして紹介したいと思うのだ。

 

まずこのシリーズ全体の「浪漫world的視点による魅力」。
1)舞台、時代背景が第二次世界大戦頃の英国、ヨーロッパである。
2)主人公の息子が英国空軍のパイロットである。
3)英国は戦勝国であるが、その内部は単純ではない。英国や連合国の政策を
批判しているような部分もある。
4)主人公のフォイルは正義感も人情味もある刑事で、日本のTVドラマで
言うと「はぐれ刑事純情派」の安浦吉之助。理知的で場合によっては反体制側
にもなる所は「相棒」の杉下右京、といった所。
(テーマ曲が哀愁をおびていて、これも「はぐれ刑事純情派」っぽい。)
5)1話が基本的に2時間枠の中で1話完結であるので劇場用映画っぽい感じも
するが、撮り方は人物のバストショットやUPが多く、戦争が背景にあっても
派手なアクションが売りではないので、良い意味でTVドラマ的で、観易い。

 

まずはシーズン1の第1話「ドイツ人の女(原題The German Woman)」である。
タイトルから大体連想できるが、大戦前、大戦中の英国にもドイツ人、
あるいはドイツに関係の深いイギリス人はいた。
彼ら、彼女らが当時英国でどのような扱いを受けたか、は大体想像できるが、
同じ英国在住ドイツでも、人それぞれの置かれた立場によって待遇が全然
違ったりしたのだ。
その辺が作品のストーリーの背景、伏線となっており、この描き方がまた
渋くて良いのだ。

 

配役も良い。1話はフォイルの上司としてエドワード・フォックスが出演して
いるが、彼は映画「空軍大戦略」にも英国空軍軍人役で出演しているので、
何となく不思議なデジャブ-感が味わえる。もちろん、出演時の年齢は違うし
今回は警視監役だが、英国空軍制服ぽいのである。

 

また、フォイルの運転手として配備される若い女性(ハニーサックル・ウィー
クス)は、美女というより「キュートな女性」的なキャラクターで、これが
また何となく「空軍大戦略」で空軍婦人部隊分隊長を演じたスザンナ・
ヨークを彷彿とさせるのだ。

 

なお1話は田舎の酒場が迷ったドイツ空軍機の爆撃(狙い撃ちではなく、余った
爆弾を帰還前に捨てる、といった感じ)を受けるシーンがあるが、このシーンで
飛行機が映っているカットは1カットだけだが、これがどうもB-25っぽい。
しかし、ちゃんとドイツ空軍機っぽい塗装になっており、恐らくドルニエ
Do17のつもりと思われる。
CGとか模型を使っても良いのにたった1カットの為にイギリスに残っている
B-25を使う所がまた、何とも良い感じである。

 

派手な戦闘シーンは無いが、そこは英国、今でもたくさん残っているクラ
シックな車両が沢山登場するのも魅力だ。

 

英国と言えば最近、EU離脱が国民投票で可決され話題となったが、刑事
フォイルやこれを作ったスタッフ達ならきっとEU残留を選んだであろう…

そんな事を思わせるのだ。この作品は。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

 

 

 

 

 

 

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2017.12.09 Saturday
      • -
      • 21:55
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック