海外TVドラマ 「刑事フォイル」(3)

先日、久々に近場のレンタルDVD屋に行って色々見ていたら、「刑事フォ
イル」も、レンタル品として入っていた。これで、見逃した回、録画に失敗
した回も割と楽に借りて見る事が出来るようになった。(もちろん、レンタル
ではなく購入しておくのが一番良いと言える。)

 

…という訳で、久々にTVドラマ「刑事フォイル」の、ある回について書か
せて頂きたい。

 

今回は前回より若干戻ってシーズン2の、通算6話目「エースパイロット」に
ついて(ネタバレあり)。

 

この回はタイトル通り、フォイルの息子の英空軍での活躍が事件に関係する
ため、推理、サスペンスと英空軍航空機(スピットファイア)が絡むという、
TVドラマとしては非常に珍しい作品となっている。

 

この回も複数の犯罪がほぼ同時に進行し、それらが一見別々の事件のように
見えるが複雑に絡み合っており、脚本が非常に上手くできているのが分かる。
また、この回の事件とフォイルの息子の動向はその後の回にも影響を与えて
いる。

 

また、この回では、フォイルはこの回の非常に重要な事件の容疑者を最後に
追い詰めるが、逮捕しないまま終わる、という大変に特殊な終わり方をする。

 

その容疑者はフォイルの息子の同僚で親友のエースパイロット・レックスで、
亡くなったのは彼の婚約者であるが、彼は婚約者が彼ともめている最中に
ちょっとした拍子にバランスを崩して階段を転げ落ちて死亡した、という
のだ。
しかしそうだとしても死体遺棄、捜査妨害等の容疑は残る。だがフォイルは
逮捕しなかった。

 

その理由にはその際に彼に出撃命令が下った事もあるが、彼が婚約者と喧嘩を
した原因に戸惑った、という事もあるだろう。

 

彼が婚約者と喧嘩になった原因は、彼は実は同性愛者で、フォイルの息子を
一方的に秘かに想っていたのだが、それが婚約者に知られてしまった事だと
言うのだ。

 

これがこの回の最大のポイントであろう。
当時のイギリスでは同性愛は全く理解されていなかった。というか、実際に
肉体関係を持ったりしたら犯罪…それも戦後の結構な時期までそうだった…
という事は、近年日本でも公開されて話題になった「イミテーション・
ゲーム」などでも描かれて知られるようになっている。

 

同性愛と言ってもレックスの場合、フォイルの息子に対して全く一方的な
片想いをしているだけなので犯罪にはならないであろうが、それが知られた
だけで空軍を追われ、親友であったフォイルの息子とも絶縁されるであろう。
なのでレックスにとってはこれは絶対的な秘密であった訳だ。

 

フォイルはレックスが出撃してゆくのを黙って見ているしかなかった。
しかし、彼はその出撃から帰る事は無かった。
その後、フォイルの息子がフォイルにレックスの最後の空戦の様子を語るが、
そこでは彼がまるで死を望んでいたかのような戦いぶりだった事が語られる
のだ。

 

戦争もの、それも空軍や航空機が絡んだフィクション作品で、同性愛が内容に
絡んでいるものは極めて珍しいであろう(前述の「イミテーション・ゲーム」
は実話が同性愛に関係しているのでまた別だ。)。

 

最近は日本でもLGBTという言葉が広く知られ、一部の地方自治体で同性
カップルの結婚が認められるようにもなってきたが、まだまだ差別され、
偏見の目で見られる事は多いような気もしている。

 

そういう自分も、25年以上前の学生の頃の事だが、友人の男性に少々女性っ
ぽい感じの人間がおり、「おカマXX」などと仇名をつけてからかっていた
事があった。まあ彼が別に同性愛者ではない事が分かっていたからだったの
だが、考えてみると「女性っぽい男性(今の俗語で言う『おネエ』)」=
「同性愛者」というのもしょうもない偏見であった訳だ。
(ちなみに彼はその10数年後くらいに女性と結婚されてお子さんも授かった
そうな。)

 

こういう事はこのブログで扱うには少々難しい事であるが、知らず知らず
差別する側に回っている事のないよう気を付けたいと思うのである。

 

…と、少々脱線してしまったが、このように「刑事フォイル」は、現在にも
通じる社会的な問題についても想起させる、非常に優秀な作品なのである。

 

(おまけ:映画「イミテーション・ゲーム」も、私が近年見た戦争関係の
映画の中で最も面白く、感動的だったと言えるほどのものだったのでそのうち
書いてみたいと思っている。)

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:海外ドラマ

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2017.12.09 Saturday
      • -
      • 11:50
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      はじめまして〜。
      私もフォイル大好きなので、興味深く拝読しました。特に「エースパイロット」は印象的な回だったと思います。

      最後のフォイルの「真実は違うんだが...息子よ、それは伝えられないんだよー」という複雑な想いの表情が忘れられません。マイケル・キッチンの演技が光っていました。

      「イミテーション・ゲーム 」も良かったですよね。
      お恥ずかしながら、天才数学者アラン・チューリングの功績を映画を見て初めて知りました。彼の不遇の人生には胸が締め付けられます
      • kaede
      • 2016/09/23 12:24 PM
      kaede様、はじめまして。コメントありがとうございます。

      この回、結局殺人だったのか事故だったのか分からず終いでしたが、
      レックスの悲劇性が他に勝ってしまいました。

      まあ、その辺も脚本が計算されていたのだと思います。良く出来た回だと
      思います。

      「イミテーション・ゲーム」は実際よりやや悲劇性が強調されすぎな
      感じもありましたが、テンポも良くテーマも伝わり易く、エンタメ
      として良く出来てました。
      この映画によってアラン・チューリングの名がより広く知れたのは
      良かった事だと思います。
      ではでは。
      • コウ中村
      • 2016/09/23 10:18 PM
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック