ラットパトロールジープ (12)

ラットパトロールジープの第12回。

 

今回は前回作成した雑嚢二つを塗装してみた。

ratPatJeep21

 

写真では既にヨゴシ塗装まで終わっているが、最初にGSIクレオスのタイヤ
ブラック+カーキグリーンで下塗りし(結果として暗色立ち上げみたいな事に
なったのか?)、上に手前のものは水性アクリルのカーキを、後ろのものは
やはり水性アクリルのフラットアース+ダークイエローを塗った。

 

…で、更に水性アクリルのバフ+アクリル溶剤+バフのパステルの粉でドライ
ブラシしたりウォッシングをしたりを何度か重ねてこのような状態にした。

…そういえば、以前私は「ウォッシング」という言葉はあまり使う気になれ
ない旨の事を書いたような覚えがあるが、良く考えてみると、塗料を濃く
塗りすぎた場合、溶剤(薄め液)を含ませた筆で薄くするのは普通の事なので
別に気にする事は無かったと思い直した。

 

…しかし、模型誌に載っている記事は「…塗って、ウォッシングして」と、
矢鱈分解して順序立てて書いてある事が多いような気がするのだが、実際
には塗ったと思ったらウォッシングしてすぐにまた塗り重ねたと思ったら
ドライブラシして…と、これらを何度も繰り返す事が多いような気がする
のだが…。

 

エアブラシを多用した場合は違うのだろうか?。それとも模型誌記事は
分かり易くするために単純化して書いているのだろうか。

 

まあ、人によるのかもしれないが、こういう事は割と単純に段階化できない
種類のものではないかと思ったりもする。

 

まあ、それはともかく、この写真だけではあまり楽しい絵柄ではないので、
車体にこの雑嚢を仮付けしてみたものの写真を撮ってみた。
ratPatJeep22

 

これがその写真だが、実際には後ろの丸い雑嚢の方が濃く、暗めの色で塗っ
てあるのだが、写真ではなぜか手前の平らなの物の方が濃い目に見えて
いる。

 

これで車体の主な追加工作はだいたい終わりだが、あと、細かい所で横の
手すりとか、後部のライトとかが残っている。
また、汚し塗装が部分的で、そこも妙に荒い感じなので、少し滑らかにして
全体的にバランスを取るようにする予定だ。

それでその後、フィギュアの作成にかかる。


ミニスケの車両製作としては早めに完成出来ると思っていたが、意外と
時間がかかっている。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:プラモデル

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2018.02.17 Saturday
      • -
      • 09:41
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック