「浪漫工房」の活動 (6)

7月30日のワンフェス向けに作っているもう一つのネタが、以前も製作中の
写真を1回出させて頂きました5月度の新製品のMTB30の完成見本品です。

 

vosperMtb3012

 

vosperMtb3013

 

vosperMtb3016

 

vosperMtb3014

上の4枚の写真がそれですが、小麦粘土とエポパテで原型を作ってシリコン
型を取って、タミヤのポリパテをベシベシに型になすり付けて複製した簡易
海面ジオラマ台を塗装をして上に載せたものです(一番下の台はウェーブの
TケースのSSサイズです。)。

 

この小型海面簡易ジオラマ台ですが、石膏で複製して10年以上前にプロ
モデラーの今井邦孝さんが作例記事にしていたような、ツヤ消しの海面に
仕上げる事も考えましたが、とりあえず「寒天かゼリーみたいな感じ」に
したかったのでラッカー系の青色系と白色系の塗料で濃淡を出して、やはり
ラッカー系の透明クリアー塗料をベタベタに塗ってツヤツヤ感と微妙に
透明な感じを出しました。波頭もラッカー系の白塗料です。

 

海面や波の模型による表現は千差万別、設定状況やスケールによって色々
あって、こういうのがベスト、というのが一つも無い、というのが良い所
ですが、これは9×5冂度の非常に小さいものかつ若干波が高い用の
ものとして原型を作ってあります。

 

まあ本来、魚雷艇が高速走行している所、それこそボスパー艇のinAction
誌の表紙画のような感じが魚雷艇の海面ジオラマとしてはベストなのかも
しれませんが、今回は汎用のものの完成見本、という事でやや大人しめに
させて頂きました。いつか派手に波飛沫をけたてているジオラマも挑戦して
みたいと思います…。

 

vosperMtb3017

5枚目の写真は同じ型で透明エポキシ樹脂に少し青顔料を混ぜて硬化させた
ものを同じようにTケースSSの上に載せてMTB30を載せたもので、これもさす
が透明樹脂だけあってイイ感じですが、何せ透明樹脂ですので底面を塗るか
何かしないと余計なものも透明になって見えてしまうのが欠点です。なので
この写真のものは底面に不透明な青いポリ袋(確かブックオフで買い物をした
際のポリ袋だったと思います)を貼って誤魔化してあります。

 

MTB30のマストや旗竿は伸ばしランナーで自作してありますが、これは中の
説明書にも「レジンの注型物はこの細さだと事後変形する可能性が高いため
伸ばしランナーか真鍮線で自作された方が良い」旨、書かせて頂きました
のでその通りにさせて頂いている訳です。

 

vosperMtb3018

最後の写真は製品付属の簡易飾り台を黒く塗ってMTB30を載せたものですが、
スクリューと舵の部品を付けていないのでやや間抜けな感じです。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

 

 

 

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2017.10.20 Friday
      • -
      • 23:07
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック