calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

1/144 LCP(L)141 (2)

さて、LCP(L)141の続きの(2)ですが、ただ塗装の続きなのに予想以上に
時間がかかっています。(1)で書かせて頂きましたように一つ一つの塗色に
対してマスキングゾルでマスキングして筆塗りで塗っている、という事が
予想以上に時間がかかっている原因のようです。

 

lcpl19

最初の写真は左舷前斜め上から、そのマスキングゾルと一緒に写したもの
です。現在、この写真のように艇体側面の迷彩塗り分け部分のみマスキング
ゾルが剥がし待ちで残っている状態です。

 

このマスキングゾルはグンゼがGSIクレオスになってから発売されたと
思われます「改」版で、さすがに以前のものより塗面が薄く塗れ、剥がし
やすく、カッターで切る事もやり易くなっています。

 

…とはいえ、やはりこれを塗る部分が多ければ多いほど時間はかかります。
塗る時もそうですが、剥がす時は更に神経を使います。なまじ薄く塗れる
ので塗料を塗った後の境目が分かり難くなります。

 

しかし、マスキングゾルを使わないと境目を細筆で塗って塗り分ける、と
いうやり方になると思いますが塗り分けに沿った塗りムラが出やすく
なります。マスキングゾルを使うと例えば艇体側面などは例え多少塗り
ムラが若干出ても縦方向、つまり実物の艇で出易いムラ(汚れの方向)に統一
でき、また平筆も普通に使えるので塗っている時のストレスが減少します。

 

とはいえ、マスキングゾルを剥がした直後の塗り分けの境目はやはりガビ
ガビな感じになりますので、カッターで余分な塗装のはみ出しを削ったり、
再度細筆で細かく両側の色で塗って調整する必要はあります。

 

lcpl20

二番目の写真は右舷前斜め上からのものです。
今回、文字まで最初にマスキングして文字色で塗ってまたマスキングする、
というやり方をしたのですがやはりゾルを剥がす時に一緒に剥がれた部分が
多く、これに関しては先に艇体色を塗って最後に描く、という普通の方法を
取った方が良かったようです。

 

lcpl21

三番目の写真は右舷後斜め上からのものです。
左舷の前の方に、カバーで殆ど見えませんが、操縦席と乗員の後頭部が少し
見えます。この位置でもワザと少し後ろ目に取り付けており、実際はもっと
前の方なので全然見えない、と言っても良い位置となりますのでこの部品を
取り付けるのは完全に自己満足という事になります。

 

さて、後は残ったマスキングゾルを剥がし、境目をリタッチし、汚し塗装を
すれば完成です。今年もあと数日、何とか今年中に完成したいですね〜〜。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2018.08.19 Sunday
      • -
      • 23:08
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック