calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

sd.kfz.222 第1シリーズ (4)

前回ではフジミキットの旧版と2015年版との比較ばかりで製作中のモノに
ついて全く書いていなかったので、今回はその製作に関してです。

 

sdkfz22212

1枚目の写真はある程度作って内部塗装した本体の状態と、右にあるのは
昔のエルエスの1/75(最初の公称)の隼II型のカウリング部品ですが、以前
フリマで色んなパーツの入ったジャンク袋を100円で購入した事があり
ましたが、その中に入っていたもので、これの直径が1/76のsdkfz222の
砲塔リングの直径とほぼ合いそうだったので、これを輪切りにして自作する
砲塔のチョイスしたものです。

 

内部は床が黒ではないかという説もあるようでしたが、はっきりしなかった
のでとりあえず黒っぽいグレーで塗り、側面はツヤ消しの白を塗り、適当に
スミ入れ等の汚し塗装をしました。ちょっぴり見えるフレーム枠のリベット
頭部分はパテで再現しました。パテでリベット頭を再現すると大きさを揃え
るのが大変ですが、ここは完成するとほとんど見えなくなるのでややざっと
の仕上げのままにしました。

 

床板部分に白く四角く跡の残った部分がありますが、ここは最初座席を付
けていたけれど、人形を載せたら結局見えなくなってしまうので、と外した
跡です。

 

sdkfz22213

2枚目の写真はある程度の車体装甲板をプラ板で図面とエアフのキット等を
参考に採寸して切り出し、プラ用接着剤とマスキングテープで仮止めして
みたものですが、やっぱりというか何と言うか、1枚1枚は単純な平面とは
いえ、これらが数多く組み合わさっている多面体なせいか合わせが非常に
難しく、隙間がかなり出ている上、これでも組み合わせの関係で現物合わせ
的に図面と違う形に余分な部分を切って合わせたりしているせいで、最初に
自分が予想していた形とかなり違ってきています。

 

この辺をもう誤魔化して隙間はパテ埋めして無理やり作ってしまうか、それ
ともどうせ各部は面積自体は小さいので再利用もし易いので、各部のプラ
板の切り出しからやり直してしまうか、現在思案している所です。

 

なお、操縦手クラッペ(ハッチ)の左側だけ穴を開けていますが、操縦手の
フィギュアを中に入れて、ここの穴から覗くとその顔が見える、という風に
するつもりの為、ここだけ開口しています。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:プラモデル

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2018.12.10 Monday
      • -
      • 23:37
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック