calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

archives

「浪漫工房」の活動 (47)

さて9月も半ばになりまして、今月29日(日曜)に開催を予定されている第9回
スケールモデラーズフェスティバルまで2週間足らずとなりました。


で、その日に新発売を予定している1/144巡航戦車Mk.IVですが、何とか
9月上旬の2週間でシリコン型の完成までもって行けまして、レジン樹脂を
幾つか流してみる所までも行けました。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto04

1枚目の写真はまず原型まで出来た所です。これに主砲と主砲同軸機銃部品
が別部品となります。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto05

2枚目の写真は今までの製品と同じようにMr.型取りブロックで枠を作り、
粘土を敷いて原型とランナー代わりのプラ棒を埋めた所です。
粘土に埋めただけでなく、ランナーと部品の継ぎ目の隙間もパテ等でなる
だけ塞いでおきます。
また、今回の製品からシリコン型も圧力鍋改造の加圧脱泡機で脱泡した型に
しようと思い、圧力鍋に入るように枠の四隅を削っています。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto06

3枚目の写真はそうして圧力鍋に入れた所です。ほぼピッタリ入ってます。

 

次にボークスの半透明シリコンを部品がギリギリ埋まる位、重量にして100g
程度、まずこの片面に流します。最初から片面全部が埋まる量を流さない
のは、その程度の方が気泡も抜けやすいだろう、という考えからです。
そして鍋に蓋をして、前回の製品のレジン注型時にしたように、フット
ポンプで加圧し、脱泡します。今回は、半透明シリコンの特性からして
レジン注型時ほどは加圧する必要はないだろうと判断し、20回程度と
やや少なめにフットポンプを押して脱泡しました。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto07

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto08

4枚目の写真はそのシリコンが硬化した後のもので、予想通り気泡跡は皆無
となりました。その後再度シリコンを、今度は170g程度流し、シリコン型の
片面を完成させます。5枚目の写真がそれで、同じように脱泡したので
やはり気泡跡はありません。ただ、表面は、脱泡しなかったものより余計に
細かい凸凹が多く、波を打ったようになるようです。これは恐らくシリコン
の中で発生した泡が加圧によって表面に上がり、そこで弾けるものが多く、
その最中に硬化していったからだと思いますが、大きく歪んだりしている
訳ではないので問題無いと思います。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto09

そして圧力鍋から出してひっくり返し、粘土を慎重に剥がします。6枚目の
写真です。この写真ではまだ細かい粘土が残ってますので慎重に取って
ゆきます。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto11

その後、片面に離型剤を塗って同じように半透明シリコンを2回に分けて
流し、脱泡して硬化させます。7枚目の写真がそうして硬化させて圧力鍋から
出し、枠を外した状態です。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto12

そして両側に分けて、中身を出します。8枚目の写真がそれで、予定通り
気泡跡も無く、綺麗な型が出来てます。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto13

その後再度型を合わせて直径0.9ミリの針金で縛り圧力鍋改造の加圧式脱泡
機に入れてレジンを注型し、加圧脱泡して硬化させます。9枚目の写真が
硬化直後、圧力鍋の蓋を開けて撮影したものです。レジンには前回の製品に
使用したものと同じ3分硬化型の物を使っています。

なお圧力鍋の中の段ボール製クランプも前回の製品で使ったものを基本的に
再利用し、今回のシリコン型の厚みに合わせて追加分も入れています。

 

そして型を外して中身を出して大成功…と思ったら、注型口から一番遠い、

肝心の車体部品の後方1/4程度、にレジンが回っていません。10枚目の
写真です。

cruiserMkIVGenkeiPhoto14

 

この原因は何かと考えたのですが、まず車体部品への湯口が小さすぎて、
レジン樹脂が回りきる前に硬化してしまったという事が考えられました。
そこで車体部品への湯口を出来る限り大きくします。といっても写真では
分からない程度です。
2番目に注型口に近い部品の空気抜けのランナー部が量的に多過ぎて、この
方に樹脂がより勢いよく回ってしまい、車体部品の後方まで樹脂がいき
きらなかった、という事も考えられましたので注型口に近い方の空気抜け
ランナー部は2本ほど、プラ棒で塞ぐことにしました。

 

更に樹脂がより勢いよく流れるよう、注型口から樹脂を流した直後にブロ
ワーを使って空気を吹き付けて樹脂を押さえるようにしました。この
ブロワーは小型の掃除機と兼用のもので、掃除機の後ろ側の排気口に専用の
管を取り付けてブロワーとして使えるもので、色々便利です。

 

cruiserMkIVGenkeiPhoto15

それでやってみてシリコン型を外したら、若干ランナーの外側にはみ出る
ようにバリが多く出来たものの、うまく車体部品にも樹脂が回って、注型
成功した硬化物が出来ました。11枚目の写真です。これならバリを取れば
そのまま製品に出せますので、次以降もこの調子で、いや、バリがもっと
出ない感じになって、よりうまく注型出来て欲しい所です。

 

尚、どうもブロワーから空気を吹き付けなくてもうまくいくみたいなので、
そうして製品を生産するようにしました。と、かなり長くなりましたので
続きは次回で書かせて頂きたいと思います。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

0




    スポンサーサイト

    0



      • 2019.10.18 Friday
      • -
      • 22:51
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック