calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

ダイムラー装甲車(Mk.II→Mk.I) (1)

さて2020年となりました。昨年は浪漫工房の方と共にお世話になりました。
今年も宜しくお願い致します。

 

今年はまず3月29日のスケールモデラーズフェスティバルで「72展」という
1/72スケールメインの展示会があるので、それに向けて製作中の、ハセガワ
1/72のダイムラー装甲車(Mk.IIをMk.Iに改造)の製作記を書かせて頂こうと
思います。なお、今年の1月1日から作り始めた訳でなく、昨年の8月くらい
から作っていて時々写真を撮っていましたが、ガレージキット開発のため
ブログコンテンツにするのが後回しになっていた、という所です。

 

このキット、ハセガワのミニボックスシリーズの中期くらい、1970年代
半ばくらいに発売された製品で、基本形はまあまあですがダイムラー装甲車
の中ではどちらかというとポピュラーと思われるMk.IでなくMk.IIを選んで
いる所が当時のハセガワらしいと思われる一品です。

 

daimlerACMkI01

新発売された頃、購入したものも所有しておりますが、モールドが箱画に
合わせてバフ色だったりして、今回のMk.Iへの改造母体としては今ひとつ
という気がしたので、数年前に購入した恐らく現行のもの、モールド色が
グレーのものを今回は使います。1枚目の写真です。

 

何でMk.Iに改造するかというと、資料写真で良く見かけるものや、戦争
映画に登場するものもMk.Iが多いという印象があるからです。あと、とり
あえず資料を見るとMk.Iへの改造はそんなに大変でもなさそうに思われた、
という事もあります。

 

daimlerACMkI02

2枚目の写真はいきなりある程度製作して裏返してますが、車体をここまで
は先に組んでおいて良い、という事で撮影してます。なお、部品No.37と38
は、この車体裏面を塗装した後で取り付けるのが良いと思い、まだ付けて
いません。

 

daimlerACMkI03

3枚目の写真は砲塔を改造の為に、取りあえず天面を切り飛ばした所です。
Mk.IIとしても砲塔は若干高すぎるので、Mk.IIとして作られる方でも気に
なる方はこの改修はしておいても良いかもしれません。

 

daimlerACMkI04

4枚目の写真は砲塔天板前方と前面、防楯をプラ板で自作して取り付けた
所です。

 

daimlerACMkI05

5枚目の写真は砲塔の底板部品(No.11)の後部を乾電池式ヒートペンも使って
刳り貫いている所です。この部分、キットのままでも別に良いですが、折角
Mk.IIに改造するのだから、という事でやっています。

 

daimlerACMkI06

6枚目の写真は車体前方の工具箱を、微妙に形が違う気がしたのでプラ板で
自作したものと取り換えた他、後部も作り直した所です。横にあるのはキッ
ト付属の説明書のカラー4面図ですが、このカラー図は形状が割と正確で、
Mk.IIとして作りたい場合も形状修正に役に立つと思います。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:プラモデル





スポンサーサイト




  • 2020.04.05 Sunday
  • -
  • 22:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
本年もよろしくお願いいたします!ハセガワのダイムラー好きなキットです。楽しみです。今年はこちらもミニスケがんばります。ヘッツァーできたので明日にでもアップ予定。
  • まなぶん
  • 2020/01/04 2:03 AM
まなぶん様コメントありがとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
またそちらにも遊びに行かせて頂きます。
ではでは。
  • コウ中村
  • 2020/01/04 10:53 PM
コメントする