calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

「浪漫工房」の活動 (18)

さて、2018年冬のワンフェスまであと数日を切りました。昨年のペース
ですとこれに合わせて次製品の開発も大詰め、という所ですが、昨年末から
今年初頭は色々ありまして、次製品の原型は作成中ですがこれの完成までも
まだまだ、といった状況です。といっても、ウチがもっと大手というか
手練れだったりしたら原型作成中の状況もブログやツイッターでも披露
できますが、ウチは何せ零細個人営業ですのでアイテムがもし他メーカーと
バッティングしたらさっさと撤退する必要がありますので、リリース直前
まで公表できません。

 

まあ、発表しなくてもアイテムがバッティングする可能性はありますが、
発表前ならこっそり他のアイテムに変更できます…。正直言いまして、既に
一回、数ヶ月前くらいですが、海外メーカーが次年度発売予定のものを私も
次作に考えていて原型を少しだけ製作していて、発売予定を知ってすぐに
製作を中止した事もありました。

 

何せこの3Dプリンタ興隆時代に手作りに拘った原型を作っているのです。
開発スピード的に全然敵いません。まあ、3Dプリンタ製品はまだまだ積層跡
が残ったり単価が高価になったりの欠点がありますが将来的に改善されて
ゆくでしょうから、選択肢の一つとして考慮はしていますが…。
(もちろん3Dデータの作成も慣れないと結構大変でしょうが…。)

 

…まあ、てな訳で製作中の原型は披露できませんが、ブログの更新が全然
できないのもナンなので、今度の原型製作用に新たに使い始めた材料に
ついて書かせて頂きます。

 

sementEpokishi01

それはセメンダイン株式会社の『セメンダイン水中エポキシ』です。
今までエポキシパテはコニシボンドの『水中ボンド』をメインで使って
きましたが、これが古くなって硬化剤が固まってきて非常に使い辛くなって
きたため、これの新しいのを買おうと思っていたのですがある模型店で
これがなく、代わりに見た目的にもソックリな『セメンダイン水中エポ
キシ』があったので、多分同等品であろうと購入してみたのです。

 

…で、それの使用レポとなりますが、見た目は容器の形はほぼ同じながら
主剤が灰色の為、混合硬化後の色も灰色との事。個人的にはコニシの、
硬化後のアイボリー色が割と好きなのですが、灰色と言うのもプラモの
下地のスタンダードな色でまた良かろう、と思っていたのです。

 

…で、少し使用してみたのですが、これが蓋を開けたばかりのものだから
なのか、それともコニシのと若干違うのか、主剤と硬化剤を混ぜた時の
使用感が何だかこっちの方が粘り気が強い感じ。ツマヨウジで製作物に
なすりつける時、よりツマヨウジにくっついてプラ材の製作物の方に付き
難い感じがしました。

 

sementEpokishi02

また、この主剤と硬化剤を混ぜると、今の所ツマヨウジの尾頭の3倍程度の
量しか混ぜていないせいか、混ぜた後の色が灰色でなく、本当に硬化剤の
カラシ色と灰色を混ぜた感じにしかならない。黄灰色とでも言うのか?
何となく気持ちの悪い感じの色です…。

 

でも、この色の方が他のパテやサーフェサーとの違いが出てて良いと言えば
良いです…。まあこれはこう思おうと思います(←変な日本語^^;)。

 

他にコニシと違う、と感じた所は、半日経っても表面のベタ付きが取れず
削りに耐えるくらい硬化した感じになるにはやはり24時間はかかる所。
ただ、これもコニシのでも新品で蓋を開けたばかりのものは同じ感じかも
しれません。

 

あと、使用する量があまりに少量だと主剤と硬化剤が良く混じらないせい
か、24時間過ぎても固まりきらないものが幾つか出た。少なくとも3ミリ
立方くらいの体積ずつは混ぜる必要がありそうです…。

 

(続く)

 

JUGEMテーマ:模型製作

 

 

0




    「浪漫工房」の活動 (17)

    さて、去る12月3日の「第8回 いっちょんちょん即売会」に参加させて頂き
    ましたのでそのご報告です…。

     

    何とかこの即売会用にLCP(L)141号を3個ほど量産して販売できました。
    以前の11月19日のProject144の際は開場1時間のうちに3個とも売り切れ
    ましたが、元々非常にマイナーなアイテムなので今度はそうは行かない
    だろうと思っていたら、その予想以上に笑ってしまうくらい売れません
    …(^^;)。

    144sokubaikai01

     

    しかし開場期限の17時ギリギリまで粘って店を広げていたらようやく
    本当に閉店間際に1個売れました…。有難うございまいたお客様…。

     

    1/144スケールのキットは現在、プラモもガレージキットも色々発売されて
    ますので、何とか他のメーカーと被らないものを捜してしかも自分の趣味に
    合うもの…で、数ヶ月でキット化できるもの…という所でアイテムを
    選定しておりますので逆に言えばこういうのを売ろうという事じたいが
    おこがましいと言えるかもしれませんがとにかく…という所です。

     

    この会も初めて開催されてから5年以上経っていると思いますが、それ以前
    からずっと1/144のレジンガレージキット、ペーパーモデルをメインに
    販売されていらっしゃる「紙でコロコロ」というメーカーさんがあり
    ますが、凄い事に原型もパッケージイラストもイベント時の販売も全部
    一人の方がやっていらっしゃるとの事。で、この紙コロさんのイラストが
    なかなか魅力的で、以前からサインを頂きたいと思っていたのですが
    今回、会のチラシにサインを頂いてしまいました…^^。ミーハーオヤジ
    やのう…>自分。

    144sokubaikai02

     

    色紙でも何でもない紙にどうもありがとうございました>紙コロ様。

     

    他に主催者のマツオカステン様のお弟子さんにあたるような若い方の
    チラシのイラストが上手だったのでまたまたミーハーぶりを発揮して
    そのチラシにサインを頂きました(下写真の右上です)…。

    144sokubaikai03

     

    しかし、ローマ字では「TOMO」さんなのにサインはキリル文字で書かれる
    とは…余程ロシアものがお好きなんですねぇ…。
    絵柄的には将来のモリナガ・ヨウ氏というより岡部いさくさんの画風に
    近いですかねぇ…しかし青田刈りオヤジやのう…>自分^^;。

     

    即売会全体の様子は「いっちょんちょん即売会」公式サイトに載って
    おります…。また、DAMEYA様のブログの12月4日のエントリーに

    DAMEYA様が撮影された写真で紹介されてもおりますのでそちらをご覧

    下さいませ…m()m。

     

    (続く)

     

    JUGEMテーマ:模型製作

    0




      「浪漫工房」の活動 (16)

      さて、12月3日開催の「第8回 いっちょんちょん即売会」まで、あと数日と
      なりました。

       

      この会用の新製品は特に予定しておらず、先日11月19日のProject144で
      新発売となったけれど完売してしまった1/144・LCP(L)の増産分を、やはり
      浪漫工房の今秋の新製品として販売させて頂く予定です。
      まあ、増産と言ってもマイナーアイテムですし時間もないので3個程度の
      増産に止めておくつもりですが。

       

      その他、1/350のMTB2種も在庫があれば販売させて頂く予定です。

       

      所でその1/144・LCP(L)ですが、艇体本体部品の注型が非常に難しく、
      現在のシリコン型だと2回に1回は失敗してしまう事は以前の連載で
      書かせて頂きました。

       

      で、急遽艇体のみ失敗率が少ない(と思われる)片面取り(と、トップゲート
      方式とを折衷させたようなやり方)で注型出来るシリコン型を新たに作成
      しました。

       

      lcpl10

      上の写真がその作成中のもので、枠に艇体下面の型を取る為にシリコンを
      流し入れた所です。艇体の底面を大きな湯口にしようとしているのが分かり
      ます。

       

      通常ですと片面取りの型はシリコンゴムを一度に流し入れるのですが、
      今回は艇体前部の形状の関係でオーバーハングが多くなっていて、一回で
      流すようにすると気泡跡が艇体の境目に近い部分に浮きでてしまう危険が
      あったので、一応粘土で最初は艇体上面部を埋めて、シリコンゴムを2回に
      分けて流すようにしました。その甲斐あって気泡跡が艇体の近くにはほぼ
      皆無なシリコン型が、機械的な脱泡作業をしなくとも出来ました。

       

      lcpl11

      2枚めの写真がその出来上がったシリコン型です。

       

      lcpl12

      3枚めの上の写真はその型にレジンキャストを流し、脱型したものです。

       

      lcpl13

      上の写真は脱型した艇体の湯口の部分を削り取ったものです。湯口の、特に
      湯口とそうでない部分の境目あたりに気泡跡が若干見られます(樹脂の削り
      カスが詰まって気泡跡が白っぽく見えている部分が多い)が、底面なので
      良しとして、これを販売分に回すつもりです。

       

      昔のミニスケールAFVのレジンキット・コンバットレディシリーズと同じ
      理屈のやり方です。ただし、同シリーズは真空脱泡のためにそういう
      やり方にしたようですが。また、同シリーズのそれは、湯口の余分な樹脂
      までキットに付属(ロットによりますが)し、ユーザー側でそれを削らねば
      ならず、購入して作成した経験者としてはえらい苦労した覚えがあります。

       

      なお、今年9月のモデフェス@アキバの際の見本品は艇体上部のキャンパス
      部分を透明プラ板のヒートプレスで作成し、窓部の表現をし易くしようと
      していましたが、手作りのヒートプレスで量産分をほぼ同じ品質に保つのは
      難しいと判断し、艇体と同じレジン樹脂製としました。窓部の表現はユー
      ザー様の方で刳り貫いて透明板を付けるか黒く塗って表現をお願いする
      ようにしました。済みませんがユーザー様はご了承頂きたく思います。

       

      (続く)

       

      JUGEMテーマ:模型製作

       

       

      0






        | 1/11PAGES | >>